武田真一

日本のアナウンサー

武田 真一(たけた しんいち、1967年9月15日 - )は、NHKエグゼクティブ・アナウンサー[1]

たけた しんいち
武田 真一
Shinichi Taketa
プロフィール
愛称 たけたん
出身地 日本の旗 日本 熊本県阿蘇郡高森町熊本市育ち)
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1967-09-15) 1967年9月15日(53歳)
血液型 B型[要出典]
最終学歴 筑波大学
第一学群社会学類卒業
勤務局 NHK大阪放送局
職歴 熊本松山東京アナウンス室沖縄→東京アナウンス室→大阪
活動期間 1990年 -
ジャンル 地域・報道番組
配偶者 あり
公式サイト NHKアナウンスルーム
出演番組・活動
出演中ニュース きん5時
出演経歴NHKニュース7
備考
エグゼクティブ・アナウンサー(2017年6月9日付 - )

人物編集

熊本県熊本市出身(生まれは熊本県阿蘇郡高森町)。熊本県立熊本高等学校を経て、筑波大学第一学群社会学類(現:社会・国際学群社会学類)卒業後、1990年入局。

嗜好・挿話編集

  • 苗字の読み方は「たけだ(Takeda)」ではなく「たけた(Taketa)」と濁らない。
  • 入局後は地域赴任および報道畑を歩み、多くの特番も担当した。2021年春から大阪放送局に赴任[2]
    • 1999年4月に、土日正午の『NHKニュース』に抜擢、その後2000年4月からの6年間は平日正午の『NHKニュース』を担当し、大きな事件・事故、大規模災害の際の臨時・特設ニュースを数多く担当した。「災害報道が自分の原点」とインタビューで答えている[3]
    • 2021年春からの大阪赴任に際し、「日本で2番目の街なのに、大阪に住むことを考えたことがありませんでした。知らず知らずのうちに東京から日本を眺めることに慣れきっています。大阪の言葉に包まれて暮らすのはどんな感じ? 東京や他の地方はどう見える? 流れに身を任せ、呼び寄せられて人生を転がしてみるのも悪くない…」[4]とのコメントを発表している。
  • 2006年6月から2008年3月31日まで沖縄放送局に異動したが、この間も全国放送の番組には度々出演していた。東京アナウンス室に復帰後は『NHKニュース7』(平日)のメインキャスターとなり、2016年の第67回NHK紅白歌合戦では総合司会に起用され、「初の音楽番組」司会に挑戦した[5]
  • 2017年4月より『クローズアップ現代+』のメインキャスターとなる。2017年6月9日付けのNHK管理職異動でエグゼクティブ・アナウンサーへ昇格[6]
  • 平成最後の日(2019年4月30日)と令和初日(2019年5月1日)には、改元関連の特設ニュースでキャスターを務めた。
  • 私生活では、1990年代に高校時代の同級生と結婚し、2男の父親でもある[7]
  • 幼少期はかなりのテレビっ子だったという[8]
  • ギターが趣味で、特に高校時代からロックミュージックを好んでおり、好きなバンドはザ・ジャムザ・フーセックス・ピストルズだという。高校時代はバンド活動でオリジナル曲の作詞をするなどしており、NHKのプロフィールページにも「もしアナウンサーになっていなかったら…」の問いに「ロックンローラー、現実的にはコピーライター」と答えるほど。大学時代はバンドを組んで歌い、中学生時代からの大ファンだった佐野元春に入れ込んだ。佐野のラジオ番組をカセットテープに録音して今でも大切に保存している。妻も佐野の大ファン同士である。大学時代の就職活動時に、友人の誘いでNHKに応募し、当初はディレクター志望で応募したが、アナウンサーとして採用された。自分がアナウンサーの適性があるなど全く思っていなかったので、驚いたという[9]
  • 息子の影響でアニメファンでもある。好きな作品は『聲の形』と『宇宙よりも遠い場所』とのこと[10]
  • 沖縄放送局所属時にフルマラソン完走経験がある。
    • 2007年、2008年、2009年とNAHAマラソンに出場。いずれも完走(2007年は5時間36分、8279位。2008年は5時間39分58秒、10754位。2009年は5時間8分13秒、7823位)。
    • 2008年、2009年とおきなわマラソンに出場。いずれも完走(2008年は4時間32分15秒、1615位。2009年は4時間47分50秒、2145位)。
  • NHKの男性アナウンサーとしては屈指の人気を誇り、NHKの外でも話題となることが多い。
    • オリコンの集計している「好きな男性アナウンサーランキング」では、2012年の第8回以降、毎回上位にランクインしている。
      • 第8回:第8位(男性部門第6位、女性部門第8位)
      • 第9回:第6位(男性部門第7位、女性部門第7位)
      • 第10回:第5位
      • 第11回:第4位(男性部門第3位、女性部門第6位)
      • 第12回:第3位(男性部門第5位、女性部門第3位) - NHKのアナウンサーがベスト3入りするのは、同ランキングでは初めてのこと。
      • 第13回:第2位(10代部門第5位、20代部門第1位、30代部門第2位、40代部門第2位、50代部門第2位)
      • 第14回:第3位(10代部門第3位、20代部門第3位、30代部門第4位、40代部門第2位、50代部門第4位)
      • 第15回:第3位(10代部門第3位、20代部門第3位、30代部門第3位、40代部門第2位、50代部門第2位)
      • 第16回:第2位(10代部門第3位、20代部門ランク外、30代部門第2位、40代部門第3位、50代部門第3位)
    • 『ニュース7』のかつての裏番組であるアニメ『ヤッターマン(第2作)』(読売テレビ日本テレビ)で、武田に似せたアナウンサー「武ッ田真イッチ」なるキャラクターが数度登場したことがある。
    • インターネット上では「たけたん」の愛称で親しまれている。本人もこれを認知しており「たけたん、好きです。」「そんなふうに呼んでいただけるなんて、ありがたいことです。」と語っている[11]
    • 田中好子が生前、武田のファンであることを自身のホームページで公言していた。
    • 家族でよく日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』を視聴しており、出演願望があることを明かしている[12][13]

同期のアナウンサー編集

辻智太郎田中学高谷智泰和田哲阿部渉伊藤雄彦田中崇裕廣田直敬冨坂和男緒方宏一郎坂本朋彦柴田徹田代純広瀬靖浩福井裕一郎藤井克典森本健成山口勝

出演編集

☆印は現在出演(担当)中。

熊本放送局(1990年度 - 1994年度)編集

  • 熊本のニュース・気象情報等

松山放送局(1994年度 - 1998年度)編集

東京アナウンス室(1999年度 - 2005年度)編集

  • NHKニュース(キャスター)
    • 正午枠(土日:1999年度、平日:2000年度 - 2005年度)
    • 午後6時枠(平日:2000年度 - 2005年度)
  • 首都圏ニュース(土日:1999年度、祝日:2000年度 - 2005年度)
  • NHKスペシャル文明の道〈全8集〉のナレーション、2003年)
  • NHKスペシャル 危機と闘う テクノクライシス(3回シリーズ、キャスター、2006年7月)

沖縄放送局(2006年度 - 2007年度)編集

東京アナウンス室(2008年度 - 2020年度)編集

大阪放送局(2021年度 -)編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 前任である古谷敏郎の転勤に伴い1997年3月まで担当。
  2. ^ 東京アナウンス室転勤のため短期降板した。

出典編集

  1. ^ [1] NHK視聴者ふれあい報告書(PDF。当時はチーフアナウンサーと表記)
  2. ^ NHKホームページ 2021年2月
  3. ^ アナウンサー仕事の流儀 災害報道が自分の原点 - NHK アナウンスルーム
  4. ^ NHKホームページ 2021年2月
  5. ^ “紅白総合司会は武田真一アナ「情熱と真心を込めて」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. (2016年11月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1742524.html 2016年11月24日閲覧。 
  6. ^ NHK武田、阿部アナらが昇格 6月9日付の管理職人事”. 共同通信 47NEWS (2017年5月26日). 2017年5月28日閲覧。
  7. ^ ニュース7ブログ - ひそかな楽しみ - 武田真一
  8. ^ NHK・武田アナ、巨泉さんの訃報原稿を「書き換えた方がいいんじゃないかと思った」”. スポーツ報知 (2016年7月23日). 2016年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月9日閲覧。
  9. ^ アナウンサー仕事の流儀 パンク少年から一転、NHKのアナウンサーに”. NHK アナウンスルーム. 2012年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月9日閲覧。
  10. ^ [2],J=CASTニュース,2019年7月23日
  11. ^ an・an」2010年9月8日号、「NHKウイークリーステラ」2018年6月1日号より
  12. ^ NHK武田真一アナが出たい日テレ「イッテQ!」,日刊スポーツ,2018年9月3日
  13. ^ NHK×日テレ、コラボで同時生放送 両局の顔揃う「あの人があの番組に?」<特番進行アナコメント>,modelpress,2018年9月3日
  14. ^ 私も担当しました | おはよう日本出演者ブログ:NHK”. おはよう日本出演者ブログ. 2020年12月6日閲覧。
  15. ^ NHK 番組表 | Nらじ きょうのニュースぷらす 武田真一 黒崎瞳”. NHK. 2020年5月29日(金)閲覧。
  16. ^ SONGS | 第551回 佐野元春|NHK”. archive.is (2020年12月6日). 2020年12月6日閲覧。
  17. ^ 武田真一、佐野元春に聞く 大好評を博したNHK「SONGS」の未公開トークが「クローズアップ現代+」のWEBに掲載”. archive.is (2020年12月6日). 2020年12月6日閲覧。

外部リンク編集