メインメニューを開く
武田薬品工業 > 武田薬品不動産

武田薬品不動産株式会社(たけだやくひんふどうさん)は、東京都中央区日本橋本町三丁目に本社を置くタケダグループ不動産会社である。

武田薬品不動産株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
103-0023
東京都中央区日本橋本町三丁目7番2号
MFPR日本橋本町ビル
設立 1985年昭和60年)1月11日
業種 不動産
法人番号 7010001108363
事業内容 土地・建物の賃貸、売買
代表者 代表取締役社長 山本康久
資本金 1億円
発行済株式総数 10,000株
従業員数 29名(2016年3月31日現在)
主要株主 武田薬品工業株式会社(100%)
テンプレートを表示

目次

会社概要編集

  • 1985年(昭和60年)1月に会社設立、三井グループの不動産会社である業界最大手・三井不動産に次ぐ不動産メーカーがあった。
  • 1986年(昭和61年)2月、東京都中央区日本橋本町に「タケダ本町ビル」を建設着工され、11月に会社事務所を竣工した。
  • 2006年(平成18年)6月26日は、かつて大阪府大阪市中央区道修町に本社を置いていた存続会社「大和不動産株式会社」と、「新和不動産株式会社」を吸収合併方式のため解散会社となっていた。
  • 2007年(平成19年)4月1日から、旧:大和不動産株式会社と旧:新和不動産株式会社が不動産会社合併し、現在の商号「武田薬品不動産株式会社」を発足になっている。
  • 2014年(平成26年)8月、三井不動産と武田薬品工業より「(仮称)日本橋本町二丁目特定街区開発計画」の概要が決定したと発表が、計画地北側に地上24階、地下4階、高さ約123mのオフィスビルを建設し、武田薬品が新オフィスビル「(仮称)新東京武田ビル」として使用することになった。
  • 2015年(平成27年)1月、武田薬品グループの子会社が設立30周年を迎えた。
  • 2015年(平成27年)2月、三井不動産と武田薬品工業の共同開発に再開発のため「タケダ本町ビル」を退去したが、新しいオフィスビル「(仮称)新東京武田ビル」が着工することにした。

沿革編集

  • 1985年昭和60年)1月11日 - 東京都中央区日本橋本町にある武田薬品工業の子会社であり、「武田薬品不動産株式会社」を会社設立。
  • 1986年(昭和61年)11月 - 「タケダ本町ビル」を会社竣工。
  • 1986年(昭和61年)12月 - 本社事務所を移転。
  • 2006年(平成18年)10月1日 - 「武田食品工業株式会社」を合併。
  • 2007年(平成19年)3月31日 - 当時の不動産会社であった旧:「大和不動産株式会社」と、旧:「新和不動産株式会社」が当社合併のため解散。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 大和不動産株式会社が存続会社として、新和不動産株式会社を消滅会社とする合併を実施。合併後、「大和不動産株式会社」から現在の商号「武田薬品不動産株式会社」へ社名変更。大阪府大阪市中央区道修町二丁目のオフィスビル名称を「大和道修町ビル」から「武田北浜ビル」、大阪府大阪市中央区道修町三丁目には「新和ビル」から「武田新和ビル」、大阪府大阪市中央区平野町では「大和平野町ビル」から「武田平野町ビル」、東京都中央区日本橋は「大和江戸橋ビル」から「武田江戸橋ビル」及び「大和新江戸橋ビル」から「武田新江戸橋ビル」へ変更。
  • 2010年(平成22年)1月11日 - 会社設立25周年。
  • 2014年(平成26年)8月 - 長年に渡り28年として、武田薬品のグループ企業が入居する竹中工務店が行う「タケダ本町ビル」を解体し退去、三井不動産と武田薬品不動産、武田薬品工業の3社が共同開発で東京日本橋本町・日本橋室町二丁目においてある「日本橋再生計画」の一部推進で、武田薬品の新オフィスビルで使用予定になる。本社を東京都中央区日本橋本町二丁目1番7号の「タケダ本町ビル」から「MFPR日本橋本町ビル」(現在地)に移転。
  • 2015年(平成27年)2月6日 - 武田薬品工業、三井不動産が共同開発での日本橋本町においてある新オフィスビルでは「新東京武田ビル」建設着工。
  • 2017年(平成29年)10月31日 - 新オフィスビル社屋「新東京武田ビル」は竣工予定。

事業所一覧編集

2016年(平成28年)3月31日時点

事務所・事業所編集

関連項目編集

外部リンク編集