メインメニューを開く

武田 道信(たけだ みちのぶ、生没年不詳)は、室町時代の武将で上総武田氏の庁南家の初代。武田信高の次男。上総介。

初め、武田太郎あるいは庁南次郎、のちに上総介を称し、入道して道卜と号し[1]庁南城主となる。文明3年(1471年)、里見成義が攻めてくるがこれと和睦した。文明11年(1479年)7月、上杉定正方の部将の太田資忠千葉自胤の軍勢に攻められ、戦ったが降伏している。跡は嫡男の武田宗信が継いだ。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『千葉県誌』には卒して法号を道卜とある。

参考文献編集

  • 『千葉県君津郡誌 下巻』
  • 『千葉県誌 巻下 第3巻』p. 392