メインメニューを開く

武蔵丘信号場(むさしがおかしんごうじょう)は、埼玉県飯能市にある西武鉄道池袋線信号場。開業当時は武蔵丘信号所という名称であった[1]

武蔵丘信号場
東飯能方より望む(2010年6月)
東飯能方より望む(2010年6月)
むさしがおか
Musashigaoka
(2.0km) 高麗 SI28
所在地 埼玉県飯能市飯能
所属事業者 西武鉄道
所属路線 池袋線
キロ程 46.5km(池袋起点)
駅構造 信号場
ホーム なし
開業年月日 1989年平成元年)11月16日
備考 乗降できない
テンプレートを表示

目次

概説編集

飯能方面の複線区間(複線区間は東飯能駅手前の北飯能信号場まで)と吾野西武秩父方面の単線区間との境界、および本線から武蔵丘車両基地への分岐のために設置された。武蔵丘車両検修場とも隣接している。

上下線列車の行き違いのほか、飯能 - 西武秩父方面の列車が運転停車し、乗務員の乗降などを行うことがある。

2016年のダイヤ改正で、折り返しの関係で東京急行電鉄所属車両の10両編成の一部が、飯能駅とこの信号場との間を回送する運用も設定された(武蔵丘車両基地への留置・滞泊のため)。

歴史編集

周辺編集

隣の駅編集

西武鉄道
  池袋線
東飯能駅 (SI27) - (北飯能信号場) - (武蔵丘信号場) - 高麗駅 (SI28)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「会社要覧」p.86 (PDF) - 西武鉄道

関連項目編集