武蔵 秀貞(むさし ひでさだ)は、戦国時代武将徳川家康の家臣。

 
武蔵秀貞
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
別名 孫之丞
主君 徳川家康
氏族 氏井氏、武蔵氏
父母 氏井武蔵
兄弟 吉正秀貞
秀治
テンプレートを表示

生涯編集

当初は氏井氏を称し、兄吉正織田信長に仕えた。

22歳の時、織田家を辞していた吉正とともに徳川家康に仕え、その際に兄弟ともに姓を武蔵と改めた。元亀3年(1572年三方ヶ原の戦いでは弓を手に力戦し、以後の武田氏との戦いでも武功があった。天正12年(1584年小牧・長久手の戦いでは長久手で森長可の部隊と交戦し、渡辺守綱とともに敵将を討った。天正19年(1591年武蔵国入間郡山口領(埼玉県所沢市)に250石を与えられ。家康が伏見城に入る際には、先行して城士となっている。

出典編集