メインメニューを開く

武蔵野市立武蔵野陸上競技場(むさしのしりつ むさしのりくじょうきょうぎじょう)は、東京都武蔵野市にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は武蔵野市が所有し、公益財団法人武蔵野生涯学習振興事業団が指定管理者として運営管理を行っている。

武蔵野市立武蔵野陸上競技場
"武蔵野陸上競技場"
Musashino Athretic Stadium.JPG
武蔵野市立武蔵野陸上競技場の位置(東京都区部および多摩地域内)
武蔵野市立武蔵野陸上競技場
施設情報
所在地 東京都武蔵野市吉祥寺北町5-11-20[1]
位置 北緯35度43分4.27秒 東経139度34分3.36秒 / 北緯35.7178528度 東経139.5676000度 / 35.7178528; 139.5676000座標: 北緯35度43分4.27秒 東経139度34分3.36秒 / 北緯35.7178528度 東経139.5676000度 / 35.7178528; 139.5676000
拡張 1989年
所有者 武蔵野市
運用者 公益財団法人武蔵野生涯学習振興事業団
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105m × 68m
照明
大型映像装置
使用チーム、大会
東京武蔵野シティFC
横河武蔵野アトラスターズ
各種競技大会
収容能力
アクセス
#アクセスを参照。
陸上競技場・総合体育館・プール各施設の全体模型(総合体育館内に展示)
フィールドトラックと総合体育館
メインスタンド。総合体育館と一体となっている。
かつて体育の日の恒例行事だった武蔵野市民大運動会(2004年10月11日撮影)

概要編集

当競技場は主に陸上競技などで使用するほか、サッカー日本フットボールリーグ (JFL) に所属する東京武蔵野シティFCJリーグ百年構想クラブ)のホームスタジアムであり、前身の横河武蔵野FC時代からチームの本拠地として使用している。また、ラグビー横河武蔵野アトラスターズの公式戦も行われる。

なお、規定によりメガホンタンバリンなども含む鳴り物での応援は禁止されている[2]

歴史編集

1937年より建設が始まった中島飛行機武蔵製作所の敷地内に陸上競技場が存在していたが、太平洋戦争における空襲により1945年4月に競技場を含む武蔵製作所は破壊された[3]

太平洋戦争の終戦後に武蔵製作所の跡地を利用して、東京グリーンパーク球場や市営サッカー場と共に陸上競技場が整備された[3]

1989年11月、陸上競技場の隣接地に武蔵野総合体育館や温水プールが完成し、同時に陸上競技場も改築され総合体育館と一体の施設となった[3]

2018年3月、当競技場を本拠とする東京武蔵野シティFCJ3リーグ昇格を念頭に置いて「プロチームによる『観るスポーツ』と市民が自ら『体験するスポーツ』の推進」を図るため、メインスタンドの座席、シャワールーム、トイレの改修、並びに倉庫を改築した団体用ロッカールームの拡充工事などを施した。なおナイター照明設備の建設は今回は見送られている[4]

施設データ編集

フィールドを貸し出し使用している時間に限り、トラックの外周(520m)をジョギングコースとして開放している。なおトラックについては芝生養生期間中であっても利用することは可能[5]

開場時間・休場日編集

開場時間

  • 9:00 - 17:00(5月から8月は19時まで、9月は18時まで)

休場日

  • 毎月15日(土・日曜日、祝日にあたる場合は翌平日)
  • 12月29日 - 翌年1月3日

スタンド部分のフロア構成編集

2階の屋根付きスタンド(メインスタンド)部分は総合体育館と一体化しており、競技場スタンドと体育館2階の間を行き来することができる。また、この部分は体育館4階下(3 - 2階)の吹き抜けとなっており、3階、中3階の窓から陸上競技場全景を眺望することができる。

本競技場で行われる試合・大会・イベント編集

陸上競技編集

  • 市内駅伝競走、市民健康マラソン大会(毎年3月、陸上競技場 - 中央公園周回コース)
  • 市民陸上記録会(毎年6月)

サッカー編集

ラグビー編集

市民スポーツイベント編集

  • 市民体育大会(毎年2月 - 4月)
  • 市民体育祭(毎年9月下旬 - 2月)
  • 市民スポーツフェスティバル(毎年9月第4日曜日→2009年より毎年10月体育の日

過去に行われた試合・大会編集

アクセス編集

競技場周辺編集

体育施設編集

体育施設以外編集

ほか

東京オリンピックとの関係編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集