武蔵 -むさし-』は、2019年5月25日に公開の日本映画[1]

武蔵 -むさし-
MUSASHI
監督 三上康雄
脚本 三上康雄
ナレーター 増田晋
出演者 細田善彦
松平健
目黒祐樹
水野真紀
若林豪
中原丈雄
清水綋治
原田龍二
遠藤久美子
武智健二
半田健人
木之元亮
撮影 江部公美
編集 三上康雄
製作会社 三上康雄事務所
配給 日本の旗 アークエンタテインメント
公開 日本の旗 2019年5月25日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

宮本武蔵の史実に基づくオリジナルストーリーの時代劇。

吉岡清十郎伝七郎との試合、一乗寺下り松の決闘、鎖鎌、十字槍との戦い、そして巌流島の決闘を描く。

監督は三上康雄、武蔵役に細田善彦小次郎役に松平健

上海国際映画祭招待作品。

ストーリー編集

幼い時に、父の無二斎から徹底的にしごかれた武蔵。

意を決して京の吉岡家に挑む。 門前払いをくらうが、京の街中に高札を立て挑発。

そのころ、京の愛宕山の山道では細川家の沢村大学が修験者として修行中の佐々木小次郎と出会う。

叔父の七左衛門の静止を聞かず、武蔵と戦うことにした吉岡家の長男の清十郎。 所司代の板倉勝重、沢村大学の立合いのもと、武蔵と清十郎の試合が行われる。

木剣で遠山の構えの清十郎に対して、左腕一本で上段に構える武蔵。 肩を打ち砕かれる清十郎。

七左衛門は次男の伝七郎を呼び寄せ、洛外蓮嶽寺跡で武蔵と試合を行うが、伝七郎は命を落とす。

ついに、吉岡家は清十郎の子、亦七郎を名目人し、武蔵との決闘をすることに。 姉の吟に諭されるが、武蔵は決闘の地、一乗寺下り松へ。

数十人の門弟にかこまれた亦七郎。 幼子を斬るつもりはなかった武蔵ではあったが、一瞬、背後から斬りかかってくる影に反応し、刺してしまう。

それは亦七郎であった。 逃げては斬る、斬っては逃げるで、決闘は生き延びた武蔵。

幼子を殺してしまったことを悔やむ武蔵は、百姓家で過ごす。 そこでの静かな生活で落ち着きを取り戻しつつあったが、鎖鎌の宍戸に百姓たちは殺される。 戦う武蔵。

前に進もうとすれば、まわりで人々が亡くなっていく。 自我を失った武蔵。

しかし、佐々木小次郎との戦いという大きな渦が待ちかまえていた。

キャスト編集

武蔵関係
小次郎関係
吉岡家
細川家
その他

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 武蔵・細田善彦×小次郎・松平健、新作時代劇映画製作決定”. ORICON NEWS (2018年1月26日). 2018年2月13日閲覧。

外部リンク編集