武藤 礼子(むとう れいこ、1935年3月1日[1] - 2006年10月29日[1][4])は、日本声優女優東京府(現東京都)出身[4]青二プロダクションに所属していた[4]

むとう れいこ[1]
武藤 礼子
プロフィール
本名 武藤 禮子(むとう れいこ)[2]
愛称 ムッチン[3]
性別 女性
出身地 日本の旗 日本東京府[4](現:東京都
死没地 日本の旗 日本東京都世田谷区[5]
生年月日 (1935-03-01) 1935年3月1日
没年月日 (2006-10-29) 2006年10月29日(71歳没)
職業 声優女優
事務所 青二プロダクション(最終所属)[4]
配偶者 黒沢良1959年 - 1967年
一般人男性[5]( - 2006年
公式サイト 武藤 礼子|株式会社青二プロダクション
公称サイズ([6]時点)
身長 / 体重 156 cm / 47 kg
声優活動
活動期間 1950年代 - 2006年
ジャンル アニメ吹き替えナレーション
女優活動
活動期間 1950年代 - 2006年
ジャンル テレビドラマ舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

来歴編集

幼少時代に劇団こまどりに入り、子役として活躍[7][8]。高校卒業後にNHK新人オーディションに合格し、NHK民間放送のラジオドラマに出演[8]。テレビ草創期の頃は舞台テレビドラマなどで女優としても活躍していた。

20代の頃に海外ドラマ『パパは何でも知っている』でアンダーソン一家の末娘であるキャシーの吹き替えを行った際、収録現場の見学に来た子供から「なんだ、(吹替えているのは)女の子と思ったらおばさんか」と眼前で言われたことにショックを受け、以降は役のイメージを大切にするため顔出しの出演をやめると同時に、声優業に専念する[9]

その後、テアトル・エコー[8]江崎プロダクション[7]、クリエイティブオフィスZ[7]、NPSテアトル[10] に所属し、亡くなるまでは青二プロダクションに所属していた。

2006年10月29日午後3時21分、急性心不全のため東京都世田谷区の病院で死去。71歳没[5]

2009年に第3回声優アワード特別功労賞を受賞[11]

人物編集

声種は「甘くあたたかいソフトトーン[7]」。その声質から上品な役柄を演じることが多く[12]、本人いわく「比較的優等生」の役が多かったとのこと[9]

主に吹き替えで活動。エリザベス・テイラー[8]ジュリー・アンドリュース[13]を持ち役としていた[12]。また、主演女優などトップスターの吹き替えを数多く担当し、洋画全盛期は月に20本の仕事をこなしていたという[9]。アニメでは、美少女からアダルトな美女まで演じる役の幅が広かった[13]

趣味・特技は絵画鑑賞、[3][7]

後任・代役編集

武藤の降板および死後、持ち役を受け継いだ人物は以下の通り。

後任・代役 キャラクター名 概要作品 後任・代役の初担当作品 備考
江森浩子 ジルバ 無敵ロボ トライダーG7 スーパーロボット大戦GC
深水由美 マラビー夫人 名探偵ポワロ 戦勝舞踏会事件 完全版追加録音部分
島本須美 ケリンダ 宇宙大作戦 宇宙300年の旅 デジタルリマスター版追加録音部分 [14]
恒松あゆみ バーバラ テレフォン WOWOW版追加収録部分

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

1963年
1967年
1968年
1969年
1971年
1972年
1973年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1982年
1983年
  • 子鹿物語(お母さん〈オリィ・バクスター〉)
1984年
  • 牧場の少女カトリ(ナレーター、キヴィ夫人、シルパ、ランタ夫人、お手伝い、看護婦)
1986年
1988年
1989年
1990年
1993年
1996年
1997年

劇場アニメ編集

1961年
1970年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1985年
1986年
1987年

OVA編集

ゲーム編集

吹き替え編集

女優編集

エリザベス・テイラー
ジュリー・アンドリュース

洋画編集

ドラマ編集

テレビドラマ編集

映画編集

うた編集

その他コンテンツ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c 武藤礼子(むとうれいこ)の解説”. goo人名事典. 2020年7月9日閲覧。
  2. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、548頁。ISBN 4-87376-160-3 
  3. ^ a b 『アニメーション大百科』東京三世社、1981年、220頁。 
  4. ^ a b c d e 武藤 礼子”. 青二プロダクション. 2020年1月15日閲覧。
  5. ^ a b c 武藤礼子さん(声優)死去 2006年10月31日 東京朝刊35ページ
  6. ^ 『日本タレント名鑑(2002年版)』VIPタイムズ社、2002年4月30日、877頁。ISBN 978-4-9901242-0-5 
  7. ^ a b c d e 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、105頁。 
  8. ^ a b c d 阿部邦雄編著『TV洋画の人気者 声のスターのすべて』近代映画社、1979年、pp.122-124。武藤礼子インタビュー
  9. ^ a b c テレビ朝日 『映画はブラウン館の指定席で―淀川長治と『日曜洋画』の20年』全国朝日放送、1986年、78-79頁。ISBN 4881310798 
  10. ^ 『出演者名簿(1983年版)』著作権資料協会、1982年、433頁。 
  11. ^ 第三回声優アワード受賞者”. 声優アワード. 2020年3月21日閲覧。
  12. ^ a b 007 TV吹替声優紹介 〜第一期 ボンドガール編〜”. 007 TV吹替初収録 特別版DVDシリーズ. 2022年6月23日閲覧。
  13. ^ a b 小川びい 『こだわりの声優事典'97』徳間書店〈ロマンアルバム〉、1997年3月10日、140頁。ISBN 4-19-720012-9 
  14. ^ なお、1998年発売の完全版VHSに収録された『恐怖のビーナス』で演じたルース役の追加録音には武藤本人が参加していた。
  15. ^ リボンの騎士”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。
  16. ^ “どろろ”. 手塚治虫公式サイト. https://tezukaosamu.net/jp/anime/37.html 2016年5月6日閲覧。 
  17. ^ 新造人間キャシャーン”. メディア芸術データベース. 2017年3月4日閲覧。[リンク切れ]
  18. ^ ラ・セーヌの星”. メディア芸術データベース. 2016年9月27日閲覧。
  19. ^ 100万年地球の旅 バンダーブック”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。
  20. ^ ハロー!レディリン”. 東映アニメーション. 2016年7月10日閲覧。武藤の役はイザベルだが、アーサーと表記されている。
  21. ^ 安寿と厨子王丸”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。[リンク切れ]
  22. ^ シリウスの伝説”. メディア芸術データベース. 2016年10月5日閲覧。
  23. ^ わが青春のアルカディア”. メディア芸術データベース. 2016年10月3日閲覧。
  24. ^ “ゴルゴ13”. トムス・エンタテイメント. https://www.tms-e.co.jp/alltitles/1980s/046301.html 2016年5月5日閲覧。 
  25. ^ アリオン”. メディア芸術データベース. 2016年9月28日閲覧。

外部リンク編集