メインメニューを開く

武見 龍磨(たけみ りょうま、本名:武田 良史1月3日 - )は、日本俳優演出家、演劇企画室「劇論◎三者会談」主宰。京都市生まれ。母親は元大映女優の小柳圭子

目次

経歴編集

1973年京都市私立東山高等学校卒業後、京都造形芸術学院(旧藤川学園)グラフィックデザイン科に入学。1975年卒業後、京都の中堅広告代理店に入社。グラフィック・デザイナーとして活動する。

1977年、広告代理店を退社すると同時にグラフィック・デザイナーを廃業。俳優を志し上京する。劇団青俳の付属俳優養成所に入り、1年間の基礎訓練を受ける。本科終了後、1980年俳優事務所の現代制作舎に所属。また、1981年名倉ジャズダンススタジオに入り名倉加代子に師事。現代制作舎では6年間、小劇場公演、TVドラマ、映画などで活動。1986年退社。同年、俳優事務所の鈍牛倶楽部に所属。TVドラマ、映画などに出演する傍ら劇団東京壱組の創立に参加。同劇団では3作品に出演。

1990年〜1995年FMラジオドラマ「マイ・ロンリー・ハートランド」の主演を務める。同番組では毎回4〜5人の登場人物をひとりで演じ分ける経験をし、その後の俳優活動に大きなプラスとなる。

1990年〜2002年の間、俳優事務所3社を渡り歩き、舞台、ラジオドラマ、TVドラマ、劇場映画、Vシネマ、CMナレーションで活動し2002年8月劇団四季に入団。ミュージカルストレートプレイに出演する。もっぱら歌、ダンスの必要とされないキャラクターに配役されるが、ブロードウェイミュージカル『Wicked』ではついにソロナンバーのあるキャラクターで出演する。「死ぬ気で頑張った」と後に語った。6年間、9演目に出演し2008年に退団。

2009年4月、演劇企画室「劇論◎三者会談」を創立。俳優のほか劇作・演出家としての活動を開始。劇団という形をとらず、公演ごとに俳優を迎えて上演している。戦争、事件など歴史上の事実をモチーフとしたオリジナル作品を展開。

2010年1月、朝鮮人BC級戦犯を題材にした第1回公演『ビンタン・ブサール』(インドネシア語で“大きい星”の意)を東京・下北沢OFFOFFシアターにて上演。台本執筆にあたり、内海愛子著「キムはなぜ裁かれたのか」、NHK特集「BC級戦犯 獄窓からの声」に想を得ている。演出協力として盟友・大谷亮介の力を仰ぐ。『ビンタン・ブサール』の最大の特徴は登場人物15名を4人の俳優で演じ分けることにあり、俳優個々の技量が激しく問われることである。出演者のひとりである武見にとって先述のFMラジオドラマにおける経験が物を言う場ではあるが、彼は1役だけで他の3人の俳優で14役を演じ分けなければならなかった。3人にとってひたすら大変な思いをした演目だった。

2010年10月、恵泉女学園大学(東京都・多摩市)からの依頼により『ビンタン・ブサール』を上演する。今公演は出演者6名で上演した。

武見は演劇活動の一環としてインドネシアベトナムカンボジアへの取材を積極的に行っており2009年、2010年にジャカルタスラバヤバリハノイカントーホーチミンシティホイアンシェムリアッププノンペンなどの都市に数回訪れている。特に2010年11月21日〜12月8日のカンボジア、ベトナム旅行では現地での取材結果(画像1200カット、映像130分、音声50分)をまとめ2011年1月「カンボジア、ベトナム18日間-見たこと、聞いたこと、全部見せます話します会」〜(旅の報告会)とタイトルを付けセミナーを開催した。

2011年1月、全国公演バージョンとして朗読劇『ビンタン・ブサール』を書き上げ、2011年3月東京都世田谷区内のホールにて上演した。公演日はVTRの撮影を行い、編集後PVとして展開している。

出演歴編集

舞台編集

  • 「亡者たちの宴」現代制作舎
  • 「影の少女」劇団魔笛
  • 「愛は頭にくる」劇団東京壱組
  • 「大漫才」劇団東京壱組
  • 「幸せの黄色くもない石」劇団東京壱組
  • 「海光」横浜アリーナ公演
  • 「荒城の月」民音全国公演
  • 「ザ・近松」松竹日生劇場
  • 「水の華」松竹プロモーション全国公演
  • 「イースト・イズ・イースト」劇工房ライミング
  • 「83days」劇団天才ホテル
  • 「孤児マリア」シアタープロジェクト・ハトリ 他

《 劇団四季 》

映画・テレビ・Vシネマ編集

  • 「パーフェクトブルー」(2012/10)
  • 「不可思議物語」
  • 「おーい」
  • 「天国までの百マイル」
  • 「手紙」
  • ノストラダムス戦慄の啓示」 - 1994年東映
  • 「Zの回路 復讐の裏ゴト師」
  • 「新・GONIN」
  • 「実録・史上最大の抗争〜義絶状」
  • 「愛をひとつまみ」
  • 女捜査官
  • 「太郎の卒業」(改名前/武見 潤)
  • 「天からやってきた猫」(改名前/武見 潤)
  • 価格破壊
  • もめん家族
  • 電子戦隊デンジマン」 第19話「私の星の王子さま」(1980年) - 松本直也
  • 大岡越前
  • 影の軍団III」
  • 暴れん坊将軍III 第32話「幽霊も泣きます! おんな坂」(1988年) - 清次
  • 月影兵庫あばれ旅」 第1シリーズ 第7話「悪党だます悪い奴」(1989年) - 鈴木
  • 水戸黄門
    • 第22部 第2話「旅のはじめの鬼退治 -佐倉-」(1993年5月24日) - 芳松
    • 第24部 第31話「お銀の身替り花嫁 -弘前-」(1996年4月29日) - 多吉
  • 将軍家光忍び旅II」 第17話「絹の村、引き裂かれた夢」(1993年) - 弥吉
  • 新・必殺仕舞人」 第13話「別れ囃子は阿波踊り」(1982年) - 文吾
  • 電撃戦隊チェンジマン」 第26話「麻衣20歳の初恋」(1985年) - 東郷直人
  • 「次郎長三国志」
  • 「桜子は帰ってきたか」
  • 「北都殺人紀行」
  • 「灰色無罪」
  • 「偽造法廷」
  • 「検察審査員」
  • 尼さん探偵名推理
  • 「緋の川」
  • 「華やかな喪服」
  • 「大惨事 ツアーバス転落」
  • 「津軽海峡をわたる女」

FMラジオドラマ編集

  • 「マイ・ロンリー・ハートランド」

CD編集

  • 「ウィキッド」 劇団四季キャスト盤

CM編集

外部リンク編集