歩兵突撃章

ナチス・ドイツの戦功徽章

歩兵突撃章(Infanterie-Sturmabzeichen)は、ナチス・ドイツの戦功章である。

歩兵突撃章
Infanterie-Sturmabzeichen
Infantry Assault Badge of Nazi Germany.jpg
Flag of the NSDAP (1920–1945).svgドイツ国による賞
種別勲章
受章資格歩兵科・猟兵及び山岳猟兵科の兵員
受章条件一定日数の突撃に参加
対象戦役第二次世界大戦
状態廃止
歴史・統計
創設1939年12月20日
総授与数銀章:不明
銅章:不明
Bundesarchiv Bild 183-R1222-501, Stalingrad, deutscher Soldat mit Zigarette.jpg
歩兵突撃章を佩用する兵士(1942年スターリングラード

武装親衛隊ドイツ国防軍陸軍に属する歩兵科猟兵山岳猟兵科の兵員で突撃に参加した者に授与された。制定当初は、銀章のみであったが、後に歩兵用の銀章と装甲擲弾兵用の銅章の二種類に区別された。

二種の歩兵突撃章編集

銀章編集

 
歩兵突撃章銀章を佩用する歩兵科伍長勤務上等兵1942年9月、東部戦線

銀章は1939年12月20日に陸軍総司令部ヴァルター・フォン・ブラウヒッチュによって制定された。以下の条件を満たす歩兵連隊の歩兵に対して授与された。後に武装親衛隊と秩序警察の構成員も授与の対象となった。

  • それぞれ別の日に行われた突撃に、計三回以上参加した者
  • 突撃の際に第一線で武器を取り、肉弾戦を行った者
  • 成功した反撃は突撃とみなす。
  • 偵察任務は突撃とみなす。

銅章編集

 
銅章

1940年6月1日に銅章が制定された。自動車化歩兵連隊の歩兵、歩兵連隊・擲弾兵連隊の機関銃兵・歩兵砲兵・対戦車砲兵に対して授与がなされた。授与の基準は銀章と同じであった。

デザイン編集

 
戦後型の歩兵突撃章。国家鷲章が除かれている

ベルリンの「C. E. Juncker」社がデザインした。 ライヒスアドラー(国章。鉤十字を掴んだ鷲)と着剣したKar98k小銃を左右それぞれ四枚の柏葉が円状に取り囲んだデザインである。

1957年にナチス・ドイツ時代の勲章が非ナチ勲章へ取り換えが行われたが、この際に歩兵突撃章からも鉤十字が外されている。

関連項目編集