歩 闡(ほ せん、? - 273年)は、中国三国時代の武将。仲思[1]徐州臨淮郡淮陰県の人。父は歩騭。兄は歩協。甥は歩璣歩璿

生涯編集

兄の歩協の死後、後を継ぎ西陵督となり、加えて昭武将軍を拝命し、西亭侯に封ぜられた。

鳳凰元年(272年)8月、呉帝孫晧は歩闡を繞帳督に任じ、武昌に戻るよう命じた。しかし、突然の召還命令であったため、歩闡は讒禍を恐れて西陵の城に籠り、歩璣・歩璿を洛陽に人質として送りに投降した。晋は歩闡を都督西陵諸軍事・衛将軍儀同三司[2]に任じ、侍中を加官し、仮節を与えて交州を兼任させ、宜都公に封じた。

怒った孫晧は陸抗らに命じて西陵を攻撃させた。歩闡は晋に援軍を要請し、私財を投げ打って蛮族にも協力を仰いだ。しかし、同年12月(273年1月)、歩闡を救援しようとした晋の羊祜らは陸抗に撃退され、西陵城は孤立無援となりやがて陥落した(西陵の戦い)。敗れた歩闡は処刑され、また人質として洛陽に送った甥の歩璿以外の一族も皆、落城後に処刑された[3] 。嬰児まで皆殺しにしたという[4]

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 許嵩著『建康実録
  2. ^ 三公と同等の礼遇を受けた。
  3. ^ 三国志』呉志 歩騭伝
  4. ^ 三国志』呉志 陸遜伝