メインメニューを開く

歴史町(れきしまち)とは、日本の形態のひとつである。歴史的集落(れきしてきしゅうらく)とも呼ばれる。

概要編集

日本における町や都市の形成の特徴として、過去に都市が形成された位置に重複するように現代都市が存在するなど歴史的重層性があることが知られている[1]

歴史町は中世近世において歴史的な背景や当時の社会情勢から生まれた町の形態の総称である。あるいは、現代において過去のそれを起源とした町で、特に当時の情緒を色濃く残した町・町並みのことである。

町の歴史性から小川琢治城下町宿場町門前町鳥居前町鉱山町商港町軍港町に分類し地理学で広く用いられた[1](これ以外の分類が用いられることもある)。

特に、町並みが保存されたものは非常に歴史的・文化的価値が高く、世界遺産重要伝統的建造物群保存地区[2]に選定されていたり、観光地となっていたりする。そのような状態でなくても、地元住民の努力によって町並みが保存されているものも多い。

分類編集

歴史町の分類で用いられる例

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 永野征男『都市地理学研究ノート』 2009 , 25頁。
  2. ^ 重要伝統的建造物群保存地区一覧(文化庁)

関連項目編集