歴青炭瀝青炭(れきせいたん、: bituminous coal)とは、歴青を含む比較的柔らかい石炭。最も代表的な石炭で、ふつう石炭といえばこれをさす。炭素含有量83 - 90 %。

歴青炭

粘結炭のひとつで[1]褐炭より炭化度が進んでいるが、無煙炭には至っていないものをいう。コークスの原料として最も適している。

炭化度によってさらに高度歴青炭低度歴青炭に分かれ、前者は粘結性が高く、後者は粘結性が弱い。

産地編集

日本では、石狩炭田三池炭田など。低度歴青炭、亜歴青炭が多い。 イギリスでは、炭化が進んでおり煤煙が少ないウェールズ炭が有名。

用途編集

粘結性の高いものは製鉄用コークスの原料として使われる。粘結性の低いものは亜歴青炭とともにボイラー燃料として用いられる。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

  1. ^ 大内公耳・荒牧寿弘 日本大百科全書(ニッポニカ)、 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、百科事典マイペディア、デジタル大辞泉、世界大百科事典 第2版ほか. “粘結炭”. コトバンク. 2021年9月13日閲覧。