死の砂塵』(Along the Great Divide)は1951年アメリカ合衆国西部劇映画。監督はラオール・ウォルシュ。主演のカーク・ダグラスによる初の西部劇作品である。

死の砂塵
Along the Great Divide
監督 ラオール・ウォルシュ
脚本 ウォルター・ドニガー
ルイス・メルツァー
原作 ウォルター・ドニガー
製作 アンソニー・ヴェイラー
出演者 カーク・ダグラス
音楽 デヴィッド・バトルフ
撮影 シド・ヒコックス
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1951年6月2日
日本の旗 1954年6月13日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 140万ドル[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(放送日1968年5月13日『サントリー名画劇場』他)

スタッフ編集

出典編集

  1. ^ 'The Top Box Office Hits of 1951', Variety, January 2, 1952

外部リンク編集