メインメニューを開く

死の行進死の行軍英語: death marchドイツ語: Todesmärsche)とは、囚人や捕虜の健康や生命を顧みない強制的な移動のこと[1]

概要編集

この語が最初に使用されたのは、1944年 - 1945年の冬にナチス・ドイツによって行われた、囚人(ほとんどはユダヤ人であった)の強制移動に対して後年の歴史家が名付けたもので、前線の迫った強制収容所の破棄にあたって、何千もの囚人が他の収容所やドイツ領内へ移動させられた。

この語は後に、他の同様な出来事に対しても用いられた。多くの場合、囚人達に銃口を突きつけて歩かせ、水も食料も雨風をしのぐ場所もなく行進が続けられ、脱落した者は銃殺された。

アジアでは、日本軍の「バターン死の行進」「サンダカン死の行進」が知られる。ソビエト社会主義共和国連邦によるドイツ人追放チェコスロバキアによるズデーテン地方ブルノからのドイツ人追放カンボジアクメール・ルージュ支配下における、都市からの住民強制脱出にも死の行進が見られた。古くはチェロキー族インディアンの強制移動(涙の道)、オスマン帝国によるアルメニア人追放にも「死の行進」は見られる。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Death Marches”. U.S. Holocaust Memorial Museum (2014年6月20日). 2018年4月22日閲覧。