死霊の罠』(しりょうのわな)は、1988年5月14日に公開された日本のホラー映画[1]

死霊の罠
監督 池田敏春
脚本 石井隆
製作 升水惟雄
出演者 小野みゆき
桂木文
小林ひとみ
中川えり子
島田紳助
本間優二
音楽 吉良知彦
撮影 たむらまさき
配給 ジョイパックフィルム
公開 日本の旗1988年5月14日[1]
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 死霊の罠2/ヒデキ
テンプレートを表示

概略編集

和製スプラッターホラーの先駆け、日本初の本格的スプラッター映画と言われる[2][3]

1988年5月に劇場公開され、同年9月にジャパンホームビデオからVHSソフトが発売。その後、2000年にDVDが発売されるも諸般の事情から廃盤になって以降ソフト化されていない[4]

映画ライターの加藤よしきは、「情熱と個性は間違いなく世界レベル」と評している[5]

あらすじ編集

女性レポーターのもとに送られてきた謎の惨殺ビデオテープ。眼球を切り裂かれるその映像はよく見ると自分の顔であった。1本のビデオテープの謎を探るため、女性レポーターとその仲間たちは取材班を組み撮影場所と思われる郊外の建物へと入っていく。

出演編集

土屋名美
演 - 小野みゆき
取材クルーのレポーター。
大輔
演 - 本間優二
建物の中で会う不審な男。弟であるヒデキを探しているという。
雅子
演 - 桂木文
取材クルーのライター。構成作家。通称:まこ。劇中ニュースではアベ・マサコと呼称される。
演 - 小林ひとみ
取材クルーのスタイリスト。劇中ニュースではスギウラ・レイと呼称される。
理江
演 - 中川えり子
取材クルーのデスク。劇中ニュースではカワムラ・リエと呼称される。
近藤
演 - 阿部雅彦
ホラー好きの運転手兼AD。唯一の男性スタッフ。劇中ニュースではコンドウ・アキオと呼称される。
演 - 清水宏
タイム・キーパー
演 - 須和野裕子
ヒデキの母
演 - 二木てるみ(声の出演)
原田
演 - 島田紳助
テレビプロデューサー。奇怪なビデオテープのテレビ番組化を提案されるが「勝手にしろ」とあしらう。
その他
演 - 三谷昇橋本杏子前原祐子

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集