メインメニューを開く

殉愛』(じゅんあい)は、百田尚樹による2014年の書籍。シンガーソングライター、タレント、司会者、ラジオパーソナリティとして関西で人気を博したやしきたかじんの最晩年を、たかじん自筆のメモや、看病に人生を捧げたと主張する未亡人、家鋪さくらの証言、看護日記などに基づいて描いた、「かつてない純愛フィクション」として発売されたが、「ノンフィクション」といえるのかなど、内容について議論があり、表現について複数の訴訟が提起されるに至った(#内容を巡る議論参照)。

殉愛
著者 百田尚樹
発行日 2014年11月7日
発行元 幻冬舎
ジャンル フィクション小説
日本
言語 日本語
形態 4-6
ページ数 416頁
公式サイト 幻冬舎 殉愛
コード ISBN 4344026586
ISBN 978-4344026582
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

目次

出版の経緯編集

百田が2014年3月4日、リーガロイヤルホテルの「光琳の間」にて行われた、やしきたかじんを偲ぶ会「TAKAJIN MEMORIES 2014 あんたのことが ICHIZUに やっぱ好きやねん」に招待されていた。しかし、元々の予定がありキャンセルする予定が、スケジュールが空いたので、会に出席し家鋪未亡人(家鋪さくら)に初めて出会った。その一週間後、家鋪さくらからのメールで会って話をしたい旨を受け、直接会い、生前「たかじんが百田のファンであった」こと、「僕の本を出して貰うなら百田に助けてもらう」と言うメモを見せられ、看護記録等のメモを読込み、家鋪さくらと話込み、決まっていた仕事を半年後倒しをして、メモに書かれていた出来事を関係者に裏付け取材を行ったとされる。

内容を巡る議論編集

未亡人の不倫・重婚疑惑編集

たかじんの未亡人については、たかじんからのプロポーズを受け、交際していた時期に別の男性(イタリア人)と結婚していたという指摘があり[1]、 さらに未亡人がたかじんと不倫関係にあった時期がある[2]、あるいは重婚状態にあった[2][3][4]との疑惑がある。一方、本書では未亡人が結婚していたことが伏せられ[2]、イタリア人男性は「恋人未満」の存在であったとされている[1]。ちなみに著者の百田は本書発売後の2014年11月18日になって[5]、重婚の疑惑を否定しつつ[5]、「たかじんの妻にはイタリア人男性との結婚・離婚歴がある」ことを事実と認め[5]、離婚歴について書くかどうか「大いに迷った」と発言した[6]

作家の林真理子は、当該疑惑やたかじんの長女が出版差し止めを求め提訴したこと(後述)についてマスコミが「全く報道しない」と指摘し、「この言論統制は何なんだ!」と不満を表明した[4]

長女に関する描写と販売差し止め訴訟編集

本書の内容について、2014年11月21日、たかじんの長女が幻冬舎を相手取り、出版差し止めと1100万円の損害賠償の求める訴訟を起こした[7]

本書はたかじんの長女を「横柄な態度で8歳下の父の若妻に暴言を浴びせる『中年女性』」[8]として描き、以下のようなエピソードを掲載している。

  • たかじんに、食道ガンになったのは自業自得という内容のメールを送って激怒させ、たかじんは絶縁を宣言した[9]
  • たかじんに金の無心を繰り返して辟易させ、たかじんは親友に対し娘と絶縁したいとこぼした[9]
  • 闘病中のたかじんを一度も見舞わなかった上、退院したたかじんに対し、その妻を誹謗中傷する内容のメールを送りつけた[9]
  • たかじんの死後開かれた「やしきたかじんを偲ぶ会」において、挨拶をしようとした未亡人に対し野次を飛ばした[8]

これに対し長女側は、上記記述は虚偽であり、「1人の遺族の話を根拠に、他の親族の取材をせずに一方的に攻撃するもの」[7]、「あまりに一方的なひどい内容」[8]、「事実と違うことだらけ」[8]と反論し、本書の中に「すべて事実である」という記述があることについて、「百田さんから取材の申し込みもありませんでした。こんなのノンフィクションじゃないですよね?」とコメントしている[8]

本訴訟において長女側は、未亡人が「無償の愛を注ぎ、相続においても何も求めず謙虚な姿勢を示してきたという作品の基調はそもそも事実に反する」と主張している[8]

本訴訟の提起後、著者の百田はツイッターにおいて、「たかじん氏の娘が出版差し止め請求の裁判を起こしてきた。裁判となれば、今まで言わなかったこと、本には敢えて書かなかったいろんな証拠を、すべて法廷に提出する。一番おぞましい人間は誰か、真実はどこにあるか、すべて明らかになる。世間はびっくりするぞ。」と発言した[10][8]

2016年7月29日に出された東京地方裁判所の判決では、本書の6か所の記述が事実に反し、プライバシー侵害及び名誉毀損にあたるとして長女側の主張を概ね認めた上で、330万円の損害賠償支払いを幻冬舎に命じたが、出版の差し止めについては却下した。この判決に納得しなかった幻冬舎は控訴したが、東京高等裁判所も、東京地裁の判決を概ね支持しながらも、さらに1か所の名誉毀損的記述が存在することを認め、賠償金を365万円にまで引き上げたが、差し止めについては第一審と同様認めなかった[11]。2017年12月21日、最高裁は幻冬舎の上告を受理しないと決定、これにより第二審の判決が確定した[12]。なおこれらの判決について、2018年3月時点で百田側からの明確なコメントはない。

たかじんの元マネージャーに関する描写編集

たかじんの元マネージャーも、たかじんの妻に暴言を吐いたり、会社の帳簿を操作したりしていたなどの記述で名誉を傷つけられたとして、著者の百田と幻冬舎に1100万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。

2018年11月28日、東京地方裁判所は14か所の記述が名誉毀損に当たると認定。マネージャーとしての能力を欠き、金に汚い人物として描かれていると指摘し、裏付けを欠く部分が少なくなく、真実と信じる相当性があるとは認められないとした。多くの読者の目に触れ、評価の低下は大きいとして連帯して275万円の支払いを命じた。百田と幻冬舎は、連名で「主張が認められなかった部分は誠に遺憾。判決を精査して対応を検討する」とのコメントを出した[13][14]

評価編集

たかじんの楽曲を数多く手がけてきた作詞家の及川眠子は本書について、「なぜウラも取らずに、1人の人間を犯罪者だと決めつける? ノンフィクション作家を名乗るのであれば、きちんと本人に取材すべき。あの本にはそういった『正当性』がまったくない」と評している[15][16]

Amazon.co.jpのレビューでは評価が二分し、「あまりの美談ぶり」を訝るコメントも寄せられた[17]。これに対し著者の百田は「Amazonレビュー、未亡人に対する誹謗中傷がひどすぎる!実態も真実も何も知らない第三者が、何の根拠もなく、匿名で人を傷つける。本当に人間のクズみたいな人間だと思う!」と反発した[17]

売上編集

発売日当日に『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBSテレビ)に百田が出演し、再現VTRを交え著書の内容を紹介。初週で6.5万部を売上げる[18]

書誌情報編集

  • 百田尚樹殉愛幻冬舎、2014年11月7日。ISBN 978-4344026582

関連書籍編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 酒井まど (2014年11月13日). “二股発覚! たかじん未亡人は人妻だった! 百田尚樹『殉愛』の嘘 1” (日本語). LITERA. 株式会社サイゾー. 2014年12月11日閲覧。
  2. ^ a b c 酒井まど (2014年11月13日). “二股発覚! たかじん未亡人は人妻だった! 百田尚樹『殉愛』の嘘 3” (日本語). LITERA. 株式会社サイゾー. 2014年12月11日閲覧。
  3. ^ 酒井まど (2014年11月13日). “二股発覚! たかじん未亡人は人妻だった! 百田尚樹『殉愛』の嘘 2” (日本語). LITERA. 株式会社サイゾー. 2014年12月11日閲覧。
  4. ^ a b 林真理子「夜ふけのなわとび」、『週刊文春 12月11日号』、文藝春秋、2014年、 56-57頁。
  5. ^ a b c 酒井まど (2014年11月18日). “百田尚樹がたかじん妻結婚歴認めるも言い訳でまた嘘が!見苦しすぎ! 1” (日本語). LITERA. 株式会社サイゾー. 2014年12月11日閲覧。
  6. ^ 酒井まど (2014年11月18日). “百田尚樹がたかじん妻結婚歴認めるも言い訳でまた嘘が!見苦しすぎ! 2” (日本語). LITERA. 株式会社サイゾー. 2014年12月11日閲覧。
  7. ^ a b たかじんさん長女「殉愛」差し止め求め提訴 百田氏著作” (日本語). 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2014年11月21日). 2014年11月22日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g 「25万部『殉愛』出版差し止め訴訟 「百田尚樹さん、なぜ、私に取材しなかったのか」」、『週刊朝日 12月19日号』、朝日新聞出版、2014年、 28-31頁。
  9. ^ a b c 田部祥太 (2014年11月10日). “百田尚樹がたかじん未亡人の代弁者になって娘を罵倒! その理由は? 2” (日本語). LITERA. 株式会社サイゾー. 2014年11月22日閲覧。
  10. ^ 百田尚樹 2014年11月30日 6:24ツイート
  11. ^ 「殉愛」で名誉毀損、二審も認める 幻冬舎の賠償を増額朝日新聞デジタル 2017年2月1日
  12. ^ 百田尚樹氏の「殉愛」で名誉毀損、幻冬舎の敗訴が確定朝日新聞デジタル 2017年12月22日
  13. ^ “百田氏と幻冬舎に賠償命令 「殉愛」で名誉毀損を認める:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASLCX666BLCXUTIL05K.html 2018年11月28日閲覧。 
  14. ^ “百田尚樹氏「殉愛」に賠償命令、東京地裁が名誉毀損認める 百田氏「判決を精査し対応を検討」” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ). https://www.sanspo.com/geino/news/20181128/tro18112817260013-n1.html 2018年11月28日閲覧。 
  15. ^ 酒井まど (2014年11月18日). “百田尚樹がたかじん妻結婚歴認めるも言い訳でまた嘘が!見苦しすぎ! 3” (日本語). LITERA. 株式会社サイゾー. 2014年11月22日閲覧。
  16. ^ 及川眠子 2014年11月16日3:35ツイート
  17. ^ a b たかじん看病妻描いた「殉愛」 「全くのデタラメ話」と関係者反論、作者と激突 1” (日本語). J-CAST. 株式会社ジェイ・キャスト (2014年11月14日). 2014年11月22日閲覧。
  18. ^ 【オリコン】やしきたかじんさん遺言本『殉愛』が総合部門TOP
  19. ^ a b c 本書の内容を取り上げた特集VTRを放送した番組。百田自身も出演。

外部リンク編集