メインメニューを開く

殷 汝驪(いん じょれい)は中華民国の革命家・政治家。中国同盟会以来の革命派人士である。鋳夫。弟は殷汝耕。孫娘に殷琪中国語版(前・台湾高速鉄道董事長)がいる。

殷汝驪
Yin Ruli.jpg
『現代支那人名鑑 改訂』1928年
プロフィール
出生: 1883年光緒9年)
死去: 1940年民国29年)
中華民国の旗 中華民国(国民政府)四川省成都市
出身地: 清の旗 浙江省温州府平陽県
職業: 革命家・政治家
各種表記
繁体字 殷汝驪
簡体字 殷汝骊
拼音 Yīn Rǔlí
和名表記: いん じょれい
発音転記: イン ルーリー
ラテン字 Yin Ju-li
テンプレートを表示

事績編集

上海震旦大学を卒業し、日本に留学して早稲田大学政治経済科に入学した。このとき、中国同盟会に加入している。卒業して帰国すると、湖北法政学堂教習に任命された[1][2][3]

中華民国成立後に統一共和党で常務幹事となる。1913年民国2年)、衆議院議員に選出された。しかし二次革命(第二革命)で孫文(孫中山)に与して敗北し、日本に亡命している[1][2]。日本では革命派の軍事学校である「浩然廬(浩然学社)」の創設に携わり[3]、さらに翌1914年(民国3年)、欧事研究会の発起人に名を列ねた(弟の殷汝耕も構成員となっている)[4]。同年帰国し、『時事新報』(上海)の設立に携わる[1][3]

1916年(民国5年)7月27日、北京政府財政部次長署理に任ぜられる[5]。しかし翌年4月、精銅工場から賄賂を受け取ったとの疑惑をかけられて逃亡し(後に事実無根と判明)、孫文らの広東軍政府に合流した[1][2][3]1920年(民国9年)、瓊崖実業交通事務処処長に任ぜられる。後に江蘇省銀行総経理となった[1][2]

国民政府では、1927年5月2日に福建省政府委員に任命された[6]。8月には国民政府財政部国税特派員、10月25日には福建塩運使もそれぞれ兼任している[7]。翌1928年(民国17年)8月27日、これらの職を辞任している[8][9]1932年(民国21年)1月7日、国民政府文官処参事に任ぜられた[10]。後に職を離れ、上海で会計士となる。その傍ら、旅滬全浙公会主席団主席、東北義勇軍後援会常務理事をつとめた。日中戦争(抗日戦争)勃発後は四川に移って活動を続けた[1][2]。晩年は書画を楽しんだという[3]1940年(民国29年)、成都市で病没[1][2]。享年58。

編集

  1. ^ a b c d e f g 徐主編(2007)、1248頁。
  2. ^ a b c d e f 劉国銘主編(2005)、1986頁。
  3. ^ a b c d e 中華民国財政部ホームページ。
  4. ^ 謝・李(1999)。
  5. ^ 『政府公報』第203号、1916年(民国5年)7月28日。
  6. ^ 『国民政府公報』第3号、5頁。
  7. ^ 『国民政府公報』第3号、22頁。
  8. ^ 『国民政府公報』第87号、6頁。
  9. ^ 徐主編(2007)、1248頁によると、1928年2月に福建省民政庁庁長に就任したとあるが、『国民政府公報』や劉寿林ほか編(1995)では確認できない。
  10. ^ 『国民政府公報』第971号、1頁。

著書編集

  • 『亡国鑑』泰東図書局(上海), 1924年(編集。所収されている「印度亡国鑑」を執筆)
  • 『開発瓊崖』
  • 『瓊崖調査記』

参考文献編集

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉国銘主編『中国国民党百年人物全書』団結出版社、2005年。ISBN 7-80214-039-0
  • 「殷汝驪」(財政部財政史料陳列室・財政人物索引)中華民国財政部ホームページ
  • 謝彬『民国政党史』1924年(中華書局版、2007年、ISBN 978-7-101-05531-3
  • 謝本書・李成森『民国元老 李根源』雲南教育出版社、1999年。ISBN 7-5415-1704-6
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1