殷 淳(いん じゅん、403年 - 434年)は、南朝宋学者官僚は粹遠。本貫陳郡長平県

経歴編集

殷穆の子として生まれた。若くして学問を好み、美名があった。423年景平元年)、秘書郎となった。衡陽王文学・秘書丞・中書黄門侍郎を歴任した。秘書閣で『四部書目』40巻を編纂し、当時に通行した。434年元嘉11年)、死去した。享年は32。

子に殷孚があり、大明末年に始興国の相となり、尚書吏部郎や順帝撫軍長史をつとめた。また殷淳の娘は劉劭の皇后となった。

伝記資料編集