殷 芸[1](いん うん、471年 - 529年)は、南朝斉からにかけての官僚は灌蔬。本貫陳郡長平県

経歴編集

才気にすぐれ、些細な行いに拘らなかった。交遊は少なく、学問に精励して、群書に広く通じた。幼くして廬江郡の何憲と面会すると、大層感心されて賞賛を受けた。南朝斉の永明年間、宜都王蕭鏗の下で行参軍をつとめた。南朝梁の天監初年、西中郎主簿となり、臨川王蕭宏の下で後軍記室をつとめた。508年(天監7年)、通直散騎侍郎に転じ、中書通事舎人を兼ねた。511年(天監10年)、通直散騎侍郎に任じられ、尚書左丞を兼ねた。さらに中書舎人を兼ねた。国子博士に転じ、昭明太子蕭統の下で侍読をつとめた。豫章王蕭綜の下で西中郎長史となり、丹陽尹丞を兼ねた。通直散騎常侍・秘書監・司徒左長史を歴任した。525年普通6年)、東宮学士省に宿直した。529年大通3年)、死去した。享年は59。

脚注編集

  1. ^ 「芸」(うん)と「藝」(げい)は別字であるが、新字体制定の際にどちらも「芸」に統一された。

伝記資料編集