殺人会社』(さつじんがいしゃ、原題:Murder, Inc.)は、1960年制作のアメリカ合衆国の映画

殺人会社
Murder, Inc.
監督 スチュアート・ローゼンバーグ
バート・バラバン
脚本 アーブ・チュニック
メル・バー
原作 バートン・ターカス
シド・フィーダー
製作 バート・バラバン
出演者 スチュアート・ホイットマン
ピーター・フォーク
音楽 フランク・デヴォル
撮影 ゲイン・レシャー
編集 ラルフ・ローゼンブラム
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1960年6月28日
日本の旗 1960年12月3日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

“殺人株式会社”の異名をとった1930年代のアメリカに実在した犯罪組織マーダー・インクを基にした小説の映画化[1]スチュアート・ローゼンバーグの監督デビュー作品(バート・バラバンと共同)。

殺し屋を演じたピーター・フォーク第33回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた[2][3]

あらすじ編集

ニューヨークブルックリンに、表向きは衣料会社だが、裏では暗黒街の親玉レプケの指示により殺人を行う“殺人会社”があった。

ある避暑地のナイトクラブを狙っていたレプケは、殺し屋レルズにオーナーを殺させた。しかし、その事件の事でレプケは法廷で証言することになった。

レプケは自分に不利な証人を殺したが、不利な証人は他にもいた。失業中のナイトクラブの歌手ジョーイと、その妻でダンサーのイーディだった。

レプケはレルズやジョーイ夫婦を殺す指示を発した。一方、ジョーイはターカス検事やイーディから証言するよう説得を受けるが、妻の身を案じて証言を拒否し続けた。

だがそんな中、レルズとイーディが相次いで殺され、ジョーイはついに証言を決意する。

キャスト編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Murder Inc. (1960)”. Internet Movie Database. 2009年1月31日閲覧。
  2. ^ Murder, Inc. - Awards - IMDb
  3. ^ 1960 Academy Award Winners”. Filmsite.org. 2009年2月2日閲覧。

外部リンク編集