メインメニューを開く

殺人行おくのほそ道』(さつじんこうおくのほそみち)は、松本清張の長編推理小説。『ヤングレディ』(1964年7月6日号 - 1965年8月23日号)に連載され、1982年5月に講談社ノベルスから刊行された。連載時のタイトルは『風炎』。後に電子書籍版も発売されている。

1983年2007年にテレビドラマ化されている。

目次

概要編集

若い女性が『おくのほそ道』ゆかりの土地で起こる連続殺人事件の謎を追跡するサスペンス・ミステリー。

あらすじ編集

銀座で洋装店を経営する美しい叔母は、倉田麻佐子の憧れだった。ある時、麻佐子は、叔父・信雄の故郷を訪問するが、そこで、叔父の所有する山林が秘密で売りに出されていたことを知る。売却したのは隆子としか考えられないが、なぜそんなことをしたのか。麻佐子は前後の事情を調べ始めるが、そんな折、京都に行った隆子が予定の期日に東京に戻らず、また山林売却の仲介者が突然の死を遂げ、麻佐子の不安が高まる。悲劇の予感の中、事件は第二・第三の殺人へと発展する。

主な登場人物編集

  • 原作における設定を記述。
倉田麻佐子
20歳過ぎの好奇心旺盛な探偵役。少しでも気になったことは進んで調べる行動的な性格。
芦名隆子
麻佐子の叔母。銀座で各界有名人を顧客にする高級洋裁店を経営している。
芦名信雄
隆子の夫。旧華族の出身で私立大学の講師。
西村五郎
麻佐子の大学時代の旧友。麻佐子の頼みを受け、事件調査に乗り出す。
下沢江里子
隆子の店の客で、最近有名になった女優。
岸井亥之吉
京都の骨董屋兼金融業。人物鑑定力で知られる。
杉村武雄
隆子の店の支配人。
横山道太
新興のタクシー会社社長。

関連項目編集

テレビドラマ編集

1983年版編集

松本清張の殺人行おくのほそ道
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『殺人行おくのほそ道』
脚本 吉田剛
監督 池広一夫
出演者 竹下景子ほか
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1983年1月8日
放送時間 21:02 - 23:51
放送枠 土曜ワイド劇場
回数 1

松本清張の殺人行おくのほそ道」。1983年1月8日テレビ朝日系列の「土曜ワイド劇場」枠(21:02-23:51)にて、2部構成の3時間スペシャルとして放映。第1部「娘の疑惑旅行」、第2部「美しい母の旅路」。麻佐子と信雄・隆子夫妻を実の親子として設定している。視聴率21.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ
テレビ朝日系列 土曜ワイド劇場
前番組 番組名 次番組
松本清張の
殺人行おくのほそ道
(1983.1.8)

2007年版編集

松本清張スペシャル
殺人行おくのほそ道
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『殺人行おくのほそ道』
脚本 三浦有為子
演出 松山博昭
出演者 菊川怜ほか
プロデューサー 清水一幸
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域   日本
放送期間 2007年12月7日
放送時間 21:00 - 22:52
放送枠 金曜プレステージ
回数 1

2007年12月7日フジテレビ系の『金曜プレステージ』枠で放送。正式名称は「松本清張スペシャル 殺人行おくのほそ道」。視聴率は16.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ

外部リンク編集