メインメニューを開く

殺人課』(さつじんか、原題:Homicide)は、1991年制作のアメリカ合衆国サスペンス映画デヴィッド・マメット脚本・監督。

殺人課
Homicide
監督 デヴィッド・マメット
脚本 デヴィッド・マメット
製作 マイケル・ハウスマン
エドワード・R・プレスマン
製作総指揮 ロン・ロゾルツ
出演者 ジョー・マンテーニャ
ウィリアム・H・メイシー
音楽 エイリック・ジャーンス
撮影 ロジャー・ディーキンス
編集 バーバラ・タリヴァー
製作会社 エドワード・R・プレスマン=
シネハウス・プロ
配給 日本の旗 アスキー
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年10月9日
日本の旗 1991年12月7日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $2,971,661[1]
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

ボルチモア市警察殺人課で人質事件の交渉係を務めるボビー・ゴールド刑事は、FBIから委託されたブラック・パンサーの麻薬の売人ランドルフの逮捕に向かう途中、小さな商店主の老婆殺害現場に居合わせ、署長からその事件の担当に回される。実は被害者は政治的に大きな影響力を持つユダヤ人で、遺族が同じユダヤ人であるゴールドに捜査を担当することを望んだのだ。

数日後の夜、彼女の家が狙撃され、現場には”GROFAZ“という謎めいた言葉が書かれた紙切れが残されていた。それが歴史上最も偉大な戦略家、つまりヒトラーの略だと知ったゴールドはネオナチの犯行を疑い始める。

ゴールドはさらなる捜査のため、ユダヤ人の長老たちの会合に潜入するが、これをきっかけにゴールドはこれまで否定してきた自らのユダヤ人としてのアイデンティティに目覚め、やがて思わぬ行動に出てしまうが、そこには彼の存在を越えた大きな闇からの意思があった。

キャスト編集

評価編集

脚注編集

外部リンク編集