メインメニューを開く

殺人鬼の誘惑』(さつじんきのゆうわく、Lure of A Killer )は、1963年日本映画主演千葉真一監督若林栄二郎製作東映モノクロシネマスコープ、62分。1962年映画恐怖の魔女』に続く『事件記者シリーズ』第2作である。

殺人鬼の誘惑
Lure of A Killer
監督 若林栄二郎
脚本 池田一朗山村英司
原作 山村英司
出演者 千葉真一
南廣
本間千代子
新井茂子
小林裕子
川口敦子
大村文武
小川守
石井淳
河野秋武
音楽 山本直純
撮影 星島一郎
編集 鈴木寛
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1963年5月19日
上映時間 62分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 恐怖の魔女
テンプレートを表示

目次

解説編集

日本新聞の社会部に所属する記者・城野大助(千葉真一)がスクープ・特ダネを狙い、殺人事件の裏に潜む真相を解き明かす様を描いたサスペンスミステリ作品[1][2]不倫が本作のモチーフである。原作は『恐怖の魔女』を脚色した山村英司脚本は山村と池田一朗が共同で執筆した。大助とコンビを組む福原(石井淳)、社会部・警察・酒房「こけし」・毎朝新聞の記者ら、周囲にいる面々も前作に引き続き出演している。喫茶店「ミケランジェロ」は桜台駅 (東京都)改札口前、大助と福原が尾行するシーンは西武501系電車西武新宿駅クライマックス大涌谷など、西武線沿線と箱根山ロケーション撮影が行われた。キャッチコピーは「真犯人は他にいる!トリックを打ち破る熱血の記者魂![3]」。

ストーリー編集

高利貸しの谷彬が殺された。死因は背後から心臓に達する刺傷だった。警察は現場に遺留されていた凶器である刃渡り六短刀に残された指紋死体を発見した谷の妻である京子・運転手の内田・谷と囲碁をしていた天野甲山らの証言から、喫茶店「ミケランジェロ」を経営する平峰典三郎が、谷と対座しているうちに口論となり、右脇腹を刺し、逃げようとする谷を羽交い絞めにして刺したと見立て、平峰を指名手配したと発表。ほどなくして逮捕されるが、平峰は脇腹を刺したことは認めるものの、背中を刺していないと頑なに否認し続ける。日本新聞の社会部記者・城野大助と福原福太郎は、捜査とは別に真相を探り出し、特ダネにしようと関係者を取材し始めた。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 殺人鬼の誘惑”. 東映チャンネル. 2013年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月5日閲覧。
  2. ^ 殺人鬼の誘惑”. 日本映画製作者連盟. 2012年7月23日閲覧。
  3. ^ 本作ポスターより。

外部リンク編集