毅宗 (高麗王)

高麗の国王

毅宗(きそう、1127年5月23日 - 1173年11月7日)は第18代高麗王(在位:1146年 - 1170年)。姓は王、は晛、初名は澈、諡号は剛果荘孝大王。

毅宗 王晛
高麗
第18代国王
王朝 高麗
在位期間 1146年4月10日 - 1170年10月13日
姓・諱 王晛(初名:澈)
諡号 剛果荘孝大王
廟号 毅宗
生年 天会5年4月11日
1127年5月23日
没年 大定13年10月1日
1173年11月7日
仁宗
恭睿王后
后妃 荘敬王后
荘宣王后
陵墓 禧陵

治世編集

仁宗恭睿王后任氏の長男に生まれ、1146年に即位した。太子の時、王になるには能力が不足だと母后に思われ、廃太子も考えられていた。王になってからも、遊戯を楽しんで政治を関心を持たず、文臣を優遇して武臣をぞんざいに扱ったため、武臣らの不満が高まった。また、寵愛した宦官たちの専横を見逃したために、しばしば宦官が政治に関与した。

1170年8月、武臣の鄭仲夫李義方が反乱を起こし、文臣や宦官たちを刺殺し、毅宗と太子を島流しにして、毅宗の弟の明宗を王位に就けた。以後、約100年にわたって武臣政権が続いた。

1173年、武臣政權に反感を持っていた金甫当が反乱を起こし、毅宗復位運動を推進した。金甫当に呼応した反乱軍の一派は巨済島に安置されていた毅宗を慶州に移したが、金甫当が敗死すると、復位の試みは失敗に終わった。同年10月、毅宗は李義方が送った李義旼により背骨が折れる方式で凄惨な死を迎え、その遺体は大釜に入れられ、ある池に遺棄された。

1174年西京留守の趙位寵が毅宗殺害の罪を問責するという名分で朝廷に反旗を翻すと、李義方を殺して政権を掌握した鄭仲夫は民心を懐柔する目的で毅宗の国喪を準備した。慶州に仮埋葬されていた毅宗の遺体は収拾され開京に送られ、翌年5月には禧陵に葬られた。毅宗の治世は門閥貴族と武人集団の反目が高まり、その調整に失敗し、武臣政権をもたらした高麗王朝の分水嶺となる時期であった。

家族編集

王后
  • 荘敬王后金氏 - 孝霊太子、敬徳公主、安貞公主、和順公主の母。
  • 荘宣王后崔氏
子女
  • 孝霊太子 王祈(初名は泓) - 1153年に太子に冊封されたが、1170年に反乱軍によって島流しにされた。
  • 敬徳公主
  • 安貞公主
  • 和順公主