メインメニューを開く

母と子』(ははとこ)は、渋谷実監督、1938年公開の日本映画。監督渋谷実の出世作と評価されている作品である[1][2]

母と子
監督 渋谷実
脚本 柳井隆雄
原作 矢田津世子「秋扇」
出演者 田中絹代
吉川満子
佐分利信
河村黎吉
徳大寺伸
水戸光子
斎藤達雄
音楽 堀内敬三
撮影 杉本正二郎
配給 松竹
公開 日本の旗 1938年7月1日
上映時間 89分
製作国 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

主人公は男の寵愛を失ったとその娘[1]。母が会社重役の愛を失っていく姿を見た娘は、重役秘書からの求愛を断り、一人で生きてゆく[2]

登場人物編集

脚注編集

  1. ^ a b AVエクスプレス 編『映画大全集』(メタモル出版,1998)1114頁
  2. ^ a b 近藤富枝『花蔭の人 矢田津世子の生涯』(講談社,1978)145頁

関連文献編集

外部リンク編集