メインメニューを開く

母なる証明』(ははなるしょうめい、原題:마더)は、2009年公開の韓国映画第62回カンヌ国際映画祭ある視点部門で上映された。第30回青龍賞最優秀作品賞、第46回大鐘賞最優秀助演男優賞(チン・グ)を受賞。

母なる証明
마더
監督 ポン・ジュノ
脚本 パク・ウンギョ
ポン・ジュノ
製作 ソウ・ウォシク
パク・テジョン
製作総指揮 ミッキー・リー
音楽 イ・ビョンウ
撮影 ホン・クンピョ
編集 ムン・セギョン
配給 大韓民国の旗 CJエンタテインメント
日本の旗ビターズ・エンド
公開 フランスの旗 2009年5月16日CIFF
大韓民国の旗 2009年5月28日
日本の旗 2009年10月31日
上映時間 129分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示
母なる証明
各種表記
ハングル 마더
発音 マド
題: Mother[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

知的障害のある息子・トジュン(ウォンビン)を、母親(キム・ヘジャ)は常に心配していた。トジュンには悪友・ジンテ(チン・グ)がおり、トジュンが轢かれかけた議員のベンツに復讐した際、協力したジンテからバックミラーを破損させた責任を転嫁されたことから、母親は彼との絶交をトジュンに勧めるほどであった。

ある日、トジュンはナンパしようとした少女(チョン・ミソン)に逃げられた。その翌日、少女は死体となって発見され、トジュンは殺人容疑で逮捕された。息子が殺人など犯すはずがないと信じる母は、警察や弁護士に追いすがるが、その努力も無駄と知り、自らの手で事件を解決しようと奔走する。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督・原案:ポン・ジュノ
  • エグゼクティブプロデューサー:ミッキー・リー
  • プロデューサー:ソウ・ウォシク、パク・テジョン
  • 共同プロデューサー:カテリーヌ・キョ、ムン・ヤンクオン
  • 脚本:パク・ウンギョ、ポン・ジュノ
  • 撮影:ホン・クンピョ
  • 美術:リュ・ソンヒ
  • 音楽:イ・ビョンウ
  • 編集:ムン・セギョン
  • 衣装:チェ・ソヨン
  • 日本語字幕:根本理恵

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 마더 (マザー) KMDb 2011年8月10日閲覧。

外部リンク編集