母の詩2015 〜母の日によせて〜

母の詩 〜母の日によせて〜(ははのうた ははのひによせて)は、文化放送2010年からゴールデンウィークに放送されているラジオ番組

母の詩 〜母の日によせて〜
ジャンル 特別番組
放送期間 2010年 -
放送時間 毎年5月3日(4日の年もあり)
放送回数 11回(2020年現在)
放送局 文化放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 竹内靖夫
出演 水谷加奈(朗読担当)
スペシャルゲスト(2組)
テーマ曲 「母」(島田歌穂
提供 聖教新聞
テンプレートを表示

番組内容編集

家族の為に尽くし、家庭を守る「母親」という存在。母の日を目前に控え母親のありがたみを改めて感じ、日頃中々伝えられない感謝を伝える事がこの番組のコンセプトとなっている。

聖教新聞に寄せられた母親への様々な『ありがとう』のメッセージや母と子の心温まるストーリーを、素敵な音楽を交え放送する。

なおタイトルには、放送される年の年号が入れられる。

出演者編集

  • パーソナリティ:竹内靖夫(『母の詩2019』までは文化放送アナウンサー[1]
  • 朗読担当:水谷加奈(文化放送アナウンサー)

スペシャルゲスト編集

『母の詩2013』
『母の詩2014』
『母の詩2015』
『母の詩2016』
『母の詩2017』
『母の詩2018』
『母の詩2019』
『母の詩2020』

文化放送での放送日時編集

  • 『母の詩2015』2015年5月4日 09:00 - 10:55
  • 『母の詩2016』2016年5月3日 11:00 - 12:55
  • 『母の詩2017』2017年5月3日 11:00 - 12:55
  • 『母の詩2018』2018年5月3日 11:00 - 12:55
  • 『母の詩2019』2019年5月3日 11:00 - 12:55
  • 母の詩2020』2020年5月4日 11:00 - 12:55

ネット局編集

制作局の文化放送をキーステーションに全国38局を結んで放送(放送日は同一だが、放送時間は各局で異なる[2])。なおネット局では、文化放送で流れる前半部分(1時間弱)とエンディングのみの放送。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 2020年3月を以て、定年後5年間の嘱託契約が満了。
  2. ^ 最も早く放送する局では、文化放送での前半部分の時間帯に放送。
  3. ^ a b c d e 年度下半期放送の音楽番組『ココロのオンガク 〜music for you〜』(『ミュージックギフト〜音楽・地球号』の後番組)は非ネット。