メインメニューを開く

毎日放送制作土曜朝のワイドショー

毎日放送 > MBSテレビ > MBSテレビ番組一覧 > 毎日放送制作土曜朝のワイドショー

本項では、現在毎日放送(MBS)の制作により、TBS系列(JNN)が毎週土曜に放送しているワイドショー放送枠について記述していく。

枠の歴史編集

この枠は、1965年4月17日、当時のMBSのキー局NETテレビ(現・テレビ朝日)制作、『モーニングショー』の週末版として『MBSウィークエンドショー』がスタートしたのが始まりである(当時は関西ローカルでの放送)[1]。同年11月から、NETテレビ系列の全国ネット番組『ウィークエンドショー』となった(当初は東名阪九の4局ネット)[1]。『ウィークエンドショー』は、在阪テレビ局に於いて現在まで続く土曜朝の全国ネット番組の草分けとなった。

1966年1月から元NHKアナウンサー八木治郎が司会を担当[1]、同年4月よりタイトルを『ウィークエンドモーニングショー』に変更。この時にネット局が増え、1969年4月には32局ネットとなった[2]1970年1月八木治郎ショー』にタイトルを変更、八木の冠番組となった。

その間、1975年3月31日付で、MBSとそれまで関西地区のTBS系列局であった朝日放送(ABC)との間でネットワーク交換が行われることになった。これにより、3月29日放送分をもってNETテレビ系列での放送を終了。翌4月5日よりTBS系列での放送に移行した。

そして1980年10月から放送時間が8時となり『八木治郎ショー・いい朝8時』からは完全トーク番組となったが、1983年4月18日に八木が出張先の福岡で急逝。その後にタイトルが5月から『すてきな出逢い いい朝8時』となり、2001年9月29日まで続いていた。

同年10月6日からの『リアルタイム』からは報道情報中心のワイドショー番組になったが短命に終わり、2002年10月5日からの『サタモニ!』も視聴率が低くて5ヶ月間で終わる。2003年3月1日からの1ヶ月間は単発番組として旅番組春だ!旅に出よう!!』が放映されて3月29日からは『知っとこ!』が、一時期放送時間を拡大[3]するなどして12年間放送された。2015年4月4日からは『サタデープラス』が放送されている。

主な番組編集

歴代ネット局編集

1975年3月まで編集

系列は当時の系列。◎は1975年4月にTBS系列番組になった後もネットを継続した局。○は朝日放送(現:朝日放送テレビ)制作土曜朝のワイドショーにネットを切り替えた局。△は『モーニングショー』と、▲は『アフタヌーンショー』とセットで放送していた局。

放送対象地域 放送局 系列 備考
近畿広域圏 毎日放送 NETテレビ系列 △▲制作局
関東広域圏 NETテレビ ○△▲現:テレビ朝日
北海道 北海道放送 TBS系列 △▲1968年10月まで
北海道テレビ NETテレビ系列 ○△▲(△▲は1969年3月から)
1968年11月から
青森県 青森放送 日本テレビ系列 ○△▲(△は1971年3月まで、▲は1969年11月まで)
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列
NETテレビ系列
○△▲1969年12月開局から
宮城県 東北放送 TBS系列 △▲1970年9月まで
ミヤギテレビ 日本テレビ系列
NETテレビ系列
○△▲1970年10月開局から
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 ○△▲(▲は1969年10月から)
山形県 山形放送 ○△▲(▲は1970年3月から)
福島県 福島テレビ TBS系列
フジテレビ系列
◎△▲(△▲は1970年1月まで)
1971年9月までは日本テレビ系列
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列 ○△
長野県 信越放送 TBS系列 ◎△▲
新潟県 新潟放送 ◎△▲(▲は1968年11月まで)
静岡県 静岡放送 ◎△▲
中京広域圏 名古屋テレビ NETテレビ系列 ○△▲(▲は1969年4月 - 1973年3月は除く)
1973年3月までは日本テレビ系列とのクロスネット局
富山県 北日本放送 日本テレビ系列 ◎△▲(▲は1968年4月から)
石川県 北陸放送 TBS系列 ◎△▲(▲は1968年から)
福井県 福井放送 日本テレビ系列 ○△▲(▲は1969年10月から)
鳥取県
→鳥取県
島根県
日本海テレビ 日本テレビ系列
NETテレビ系列
○△▲(▲は1971年7月から)
1972年9月16日までの放送エリアは鳥取県のみ
1972年9月23日の電波相互乗り入れ後もBSSと2局放送継続
島根県
→鳥取県
島根県
山陰放送 TBS系列 ◎△▲(▲は1968年4月から)
1972年9月16日までのまでの放送エリアは島根県のみ
1972年9月23日の電波相互乗り入れ後もNKTと2局放送継続
広島県 中国放送 △▲
1970年12月のHOME開局後も1971年9月25日まで継続
広島ホームテレビ NETテレビ系列 ○△▲
1971年10月2日より(RCCからの移行までは本番組の時間帯で外部配給番組やドラマ再放送を編成)
山口県 山口放送 日本テレビ系列 ○△
徳島県 四国放送 ◎△
1966年7月9日より[4]
香川県 西日本放送 △(1971年3月まで)
当時の放送エリアは香川県のみ
愛媛県 南海放送 ◎△▲
高知県 高知放送 ○△▲
福岡県 九州朝日放送 NETテレビ系列
長崎県 長崎放送 TBS系列
熊本県 熊本放送 ◎△▲
大分県 大分放送 ◎△▲(▲は1970年3月まで)
宮崎県 宮崎放送 ◎△▲
鹿児島県 南日本放送 ○△▲
沖縄県 琉球放送

1975年4月以降編集

系列は現在の系列。現在はJNN28局(太字の局)で放送されている。○は腸捻転解消以降もネットした局。●は腸捻転解消と同時に当該地域において放映権が移動した局。

放送対象地域 放送局 系列 備考
近畿広域圏 毎日放送 TBS系列 制作局
関東広域圏 TBSテレビ
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ
岩手県 IBC岩手放送 1980年4月から
宮城県 東北放送
山形県 テレビユー山形 1989年10月開局から
福島県 福島テレビ フジテレビ系列 ○1983年3月のJNN脱退に伴い打ち切り
1983年3月まではTBS系列とのクロスネット局
テレビユー福島 TBS系列 1983年12月開局から
山梨県 テレビ山梨
長野県 信越放送
新潟県 新潟放送
静岡県 静岡放送
中京広域圏 CBCテレビ
富山県 北日本放送 日本テレビ系列 ○1990年9月まで
チューリップテレビ TBS系列 1990年10月開局から
石川県 北陸放送
島根県
鳥取県
山陰放送
岡山県
岡山県
香川県
RSK山陽放送 1983年3月までの放送エリアは岡山県のみ
1983年4月から電波相互乗り入れに伴い香川県でも放送
広島県 中国放送
山口県 テレビ山口 1989年4月から
徳島県 四国放送 日本テレビ系列 ○2001年9月打ち切り
愛媛県 南海放送 ○1993年9月まで
あいテレビ TBS系列 1993年10月から
高知県 テレビ高知
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送 1980年10月から
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送 1982年10月から
沖縄県 琉球放送 1981年4月から

備考編集

共通編集

春休みに行われる選抜高等学校野球大会の期間中は、2001年まで1日4試合が行われた場合[5]は試合開始時間の関係でMBSテレビだけは高校野球を送り、ネット局向けの裏送りとして放送した年度もあったほか、スポンサーの都合でワイドショーを優先し、その終了後から野球放送した場合もあった(この場合、編成を柔軟に対応できたNETテレビ・東京12チャンネル系時代には逆に高校野球を本番組をネットしていなかった〈競合局で放送していた〉中京テレビ瀬戸内海放送などの系列局や、同地域内の他系列局に裏送りした年度もあり、本枠を返上したり、本枠の裏番組として競合した例もあった)。

腸捻転解消前編集

  • 腸捻転解消に伴い、1975年3月以前のネット局の大半は朝日放送(現:朝日放送テレビ)制作土曜朝のワイドショーにネットを切り替えたが、一方で腸捻転解消後も本枠をネットした新潟放送・信越放送・静岡放送・北陸放送・熊本放送・大分放送・宮崎放送(TBS系列)、北日本放送・四国放送・南海放送(日本テレビ系列)の10局は、腸捻転解消を以ってテレビ朝日系列土曜朝のワイドショーのネットを打ち切った[6]。同時に鳥取・島根両県の本枠のネット局も山陰放送へ一本化された。
  • また、秋田放送・山形放送・福井放送(日本テレビ系列)、長崎放送・南日本放送・琉球放送(TBS系列)の6局はテレビ朝日系列土曜朝のワイドショーにネットを切り替えたために本枠のネットを打ち切った[7]

腸捻転解消後編集

  • IBC岩手放送・テレビ山口(テレビ山口は1987年9月までフジテレビ系列とのクロスネット局)は当時関西テレビ制作土曜朝のワイドショーをネットしていたため腸捻転解消後しばらくは未放送となった。IBC岩手放送・テレビ山口は後に関西テレビ制作土曜朝のワイドショーを打ち切ってネットを開始した他、テレビ山口とあいテレビの本枠ネット開始で1989年4月から1992年9月までと、1993年10月以降はJNN全局での放送となっている。
  • また、長崎放送・琉球放送は後に『おはようワイド・土曜の朝に』(朝日放送)を打ち切った上で、南日本放送は鹿児島放送(テレビ朝日系列)開局に伴う『おはようワイド・土曜の朝に』の放映権移行で本枠の放送を再開した他、山形県ではテレビユー山形の開局に伴い本枠の放送を再開している。

1975年4月以降における他系列における放送編集

  • 本枠は1975年4月の腸捻転解消以降はTBS系番組となったが、他系列3局(いずれも日本テレビ系列局)でもネットされていた。
    • 北日本放送 腸捻転解消以前から本枠を『すてきな出逢い いい朝8時』までネットしていたが、1990年10月のチューリップテレビ開局に伴い放映権移行。チューリップテレビへの放映権移行後は『これが問題!土曜8時』に切り替えた。
    • 四国放送 腸捻転解消以前から本枠をネットし、なおかつ1993年10月以降は唯一のTBS系番組の他系列同時ネットだったが、『すてきな出逢い いい朝8時』終了と同時に本枠のネット打ち切り。打ち切り後は『ウェークアップ!』に切り替えた。四国放送の本枠ネット終了と同時に他系列局におけるTBS系番組の同時ネット番組は全廃された。
    • 南海放送 腸捻転解消以前から本枠をネットしていた。1992年10月にあいテレビがTBS系列新局として開局したものの、スポンサーの関係で1993年9月まで『すてきな出逢い いい朝8時』のネットを継続し、同年10月にあいテレビへ放映権移行。あいテレビへの放映権移行後は『ウェークアップ!』に切り替えた。
  • 北日本放送・四国放送・南海放送では、現在読売テレビウェークアップ!ぷらす』をネットしている。

ネット開始以前に放送していた番組(腸捻転解消後)編集

腸捻転解消当時は民放局が2局のところが多かったので、TBS系列局でも当該枠に関西テレビ『ハイ!土曜日です』〜『土曜大好き!830』や朝日放送『おはようワイド・土曜の朝に』をネットしていた局もあった。腸捻転解消後の本放送枠のネット開始前に放送されていた番組を述べる(TBS系列新局開局に伴うものは除く)。あいテレビを除く各局は当該地域における本枠のネット復活である。

放送対象地域 放送局 本枠のネットを開始した番組 以前ネットしていた番組 備考
岩手県 IBC岩手放送 八木治郎ショー ハイ!土曜日です
関西テレビ
関西テレビ制作土曜朝のワイドショー打ち切りに伴うもの
山口県 テレビ山口 すてきな出逢い いい朝8時 土曜大好き!830
(関西テレビ)
愛媛県 あいテレビ ローカル枠 南海放送からのTBS系番組の完全移行に伴うもの
長崎県 長崎放送 八木治郎ショー・いい朝8時 おはようワイド・土曜の朝に
朝日放送
朝日放送(現:朝日放送テレビ)制作土曜朝のワイドショー打ち切りに伴うもの
沖縄県 琉球放送
鹿児島県 南日本放送 鹿児島放送開局に伴うもの

※テレビ山口は1987年9月までフジテレビ系列とのクロスネット局。

脚注編集

  1. ^ a b c 毎日放送40年史編纂室(編集) 『毎日放送の40年』 毎日放送、1991年、190頁。 
  2. ^ 毎日放送40年史編纂室(編集) 『毎日放送の40年』 毎日放送、1991年、165頁。 
  3. ^ 2006年4月15日から2011年9月24日までは7:30~9:25。
  4. ^ 小川宏ショー(当時は月 - 土曜放送)』を打ち切ってネット開始(出典:徳島新聞、1966年7月4日、7ページ)。
  5. ^ 1995年以後、1日4試合の開催は事実上準々決勝日のみだった
  6. ^ 新潟県では当時フジテレビ系・テレビ朝日系とのクロスネットだった新潟総合テレビが1981年3月を以ってメイン系列の番組である『ハイ!土曜日です』(関西テレビ)を打ち切って『おはようワイド・土曜の朝に』(朝日放送、1983年10月に新潟テレビ21へ放映権移行)のネットを開始した他、長野・静岡・石川・愛媛・熊本・大分の6県でも後にテレビ朝日新局開局に伴いテレビ朝日系列土曜朝のワイドショー放送を再開している。
  7. ^ 秋田放送と南海放送は1992年9月までJNNに番販で加盟していた。南海放送は1993年9月まで本枠のネットを継続した一方で、秋田放送はテレビ朝日系列土曜朝のワイドショーにネットを切り替えた。

関連項目編集