メインメニューを開く

毎熊 克哉(まいぐま かつや、1987年3月28日 - )は、日本俳優。本名および旧芸名、毎熊 克也[2]

まいぐま かつや
毎熊 克哉
本名 毎熊 克也
別名義 毎熊 克也(旧芸名)
生年月日 (1987-03-28) 1987年3月28日(32歳)
出生地 日本の旗 日本 広島県福山市
身長 180 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
事務所 アルファエージェンシー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
ケンとカズ
私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください
私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第
テレビドラマ
京都人の密かな愉しみ Blue 修業中
まんぷく

広島県福山市出身[3]。東京フィルムセンタースクールオブアート専門学校(現・東京放送芸術&映画・俳優専門学校)映画監督科コース卒業[3][4]アルファエージェンシー所属。

目次

来歴編集

3歳の時に見た映画『E.T.』で映画作りに関心を持ち、映画『タイタニック』は1人で2回見に行き、映画『ターミネーター2』は繰り返し見て壊れたVHSDVDを何度も買い替えるほどだったという。高校を卒業の後映画監督を志して上京し、東京フィルムセンタースクールオブアート専門学校(現・東京放送芸術&映画・俳優専門学校)の映画監督科コースに進学する[4][5][6]

頭の中で思い描いた芝居が演者になかなか伝わらなかったことで自分でやった方が早いと俳優に興味を抱き[4]、専門学校卒業後に俳優に転身し、芸能事務所VIVITに所属して活動を開始[3]演出家ヨリコジュンのもとで芝居を学び、2010年の舞台『TIC-TAC』で初舞台にして初主演を務める。さまざまな商業作品に出演する一方で、2009年12月には映像製作集団「Engawa Films Project」を林知亜季、柾賢志、佐藤考哲らとともに立ち上げて、ショートショートフィルムフェスティバル2012の上映作品『VOEL』など多数の短編映画を製作する[3][7]

2015年6月には芸名を本名の毎熊 克也から毎熊 克哉へと改める[2]

引越しのアルバイトのかたわらで俳優活動を続ける中[8]カトウシンスケとともにダブル主演を務めた専門学校時代の同級生・小路紘史監督の長編デビュー作品『ケンとカズ』が2015年の第28回東京国際映画祭にて日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞し話題となり、翌2016年7月に劇場公開されると作品評価の高さから自主映画としては異例の3か月以上にわたるロングランを記録する。同作での演技が評価され第71回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、おおさかシネマフェスティバル2017新人男優賞[9]、第31回高崎映画祭最優秀新進男優賞[10]の各賞を次々に受賞、30歳を目前にした「遅咲きの新人」として一躍脚光を浴びる[6][8]

毎日映画コンクールの表彰式会場で東映会長・岡田裕介の目に留まり、「昔の東映映画に出ていた俳優のような、怖さが出せる俳優になってくれたら」との期待を受けて、岡田が製作総指揮を務める吉永小百合の出演120本目の大作『北の桜守』(2018年3月公開)に主役級の名優がキャストに名を連ねる中ただ1人若手として抜擢される[11][12]。また『ケンとカズ』を見た制作スタッフからのオファーにより『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』(2018年9月公開)および『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』(2018年10月公開)で商業映画初主演を務め[13][14]SMを題材とした作品で奴隷を調教するご主人様役を熱演し過激な濡れ場を披露[15]。2018年の1年で『万引き家族』『空飛ぶタイヤ』などの話題作からインデペンデント作品まで10本を超える公開作品に出演し幅広い役柄を演じて、確かな演技力とかつての東映や日活の俳優を彷彿させる鋭い眼光と硬派な佇まいにより映画関係者から注目を集め[16][17]、またNHK連続テレビ小説まんぷく』で朝ドラに初出演して存在感を発揮するなど、飛躍の1年となる[18]

人物編集

特技はストリートダンス、趣味はパーカッション[3]

好きな映画監督は西川美和。憧れの俳優はトム・ハンクスで、目標とする俳優は光石研。「目で語れる俳優」を目標としている[5][6]

私の奴隷になりなさい』シリーズでご主人様役を演じた際には、実際は女性に対し奥手であり、知らない女性に声を掛けることはおろか頑張らないと知り合いの女性を食事に誘うこともできないと明かしている[15]

プロサッカー選手森脇良太福山市の小学校、中学校の同級生で、小学生の時は同じサッカー少年団に所属していた[19][20]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

  • 喧嘩高校軍団 國士義塾 vs. 朝高(2009年)

配信ドラマ編集

舞台編集

CM編集

  • 有楽製菓 ブラックサンダー 非リアVSリア充ラップバトル / episode2.「三‘‘充’’士現る!黒いイナズマ絶体絶命!」篇(2016年) - リア充の暴君三充士 テニサーの幹事長 役

受賞編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ カトウシンスケとのダブル主演。
  2. ^ 行平あい佳とのダブル主演。
  3. ^ 杉山未央とのダブル主演。
  4. ^ 武田梨奈とのダブル主演

出典編集

  1. ^ a b 毎熊 克哉”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年3月26日閲覧。
  2. ^ a b 毎熊克哉 (2015年7月7日). “改名”. 名も無き少年の日. 2017年3月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e 毎熊克哉. “プロフィール 毎熊克哉(まいぐま かつや)”. 名も無き少年の日. 2017年3月26日閲覧。
  4. ^ a b c “毎熊克哉、母校に凱旋!裏方から俳優になろうと思ったきっかけを明かす”. 映画.com. (2019年4月28日). https://eiga.com/news/20190428/9/ 2019年4月29日閲覧。 
  5. ^ a b 木村光則 (2017年2月7日). “第71回毎日映コンの顔/3 西川美和/中条あやみ/毎熊克哉”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/articles/20170207/dde/012/200/002000c 2017年3月28日閲覧。 
  6. ^ a b c “毎熊克哉 29歳、遅咲きの新人!専門学校の同級生・小路監督とW歓喜”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年1月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/19/kiji/20170118s00041000282000c.html 2017年3月26日閲覧。 
  7. ^ CAST PROFILE”. ケンとカズ. 2017年3月26日閲覧。
  8. ^ a b “毎熊克哉「辞めなくて良かった」遅咲き来月30歳 人生初の賞”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年2月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/16/kiji/20170215s00041000325000c.html 2017年3月26日閲覧。 
  9. ^ a b おおさかシネマフェスティバル2017受賞者”. おおさかシネマフェスティバル. 2017年3月26日閲覧。
  10. ^ a b 第31回高崎映画祭 受賞者・受賞作品”. 高崎映画祭. 2017年3月26日閲覧。
  11. ^ 映画『北の桜守』追加キャスト解禁!”. 東映. 映画のニュース (2017年10月6日). 2018年11月7日閲覧。
  12. ^ “毎熊克哉“眼力”で大抜てき! 吉永小百合主演作「北の桜守」で熱演披露”. 映画.com. (2017年10月6日). http://eiga.com/news/20171006/2/ 2018年3月20日閲覧。 
  13. ^ “毎熊克哉 劇中半分以上濡れ場だらけ 今夏2本の主演映画”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年4月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/14/kiji/20180414s00041000048000c.html 2018年4月16日閲覧。 
  14. ^ a b c “毎熊克哉「私の奴隷になりなさい」第2&3章で女性たちを調教する“ご主人様”に!”. 映画.com. (2018年4月14日). http://eiga.com/news/20180414/2/ 2018年4月15日閲覧。 
  15. ^ a b 田嶋真理 (2018年9月28日). “『私の奴隷になりなさい』ご主人様・毎熊克哉、「実は女性に奥手です」”. ananweb (マガジンハウス). https://ananweb.jp/column/ikemendorama/195437/ 2018年11月7日閲覧。 
  16. ^ a b 折田侑駿 (2018年10月22日). “毎熊克哉、藤原季節、タモト清嵐……映画界に欠かせぬ存在たち、『止め俺』俳優に注目!”. Real Sound 映画部 (blueprint). https://realsound.jp/movie/2018/10/post-266754.html 2018年11月6日閲覧。 
  17. ^ トライワークス (2018年10月28日). “2018年出演作は11本!鋭い眼光が魅力の若手俳優、密かにブレイク中!”. NewsWalker (KADOKAWA). https://news.walkerplus.com/article/167039/ 2018年11月6日閲覧。 
  18. ^ “【まんぷく】毎熊克哉、飛躍の一年はまだ続く「思いがけず再登場」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年2月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2129123/full/ 2019年2月11日閲覧。 
  19. ^ 毎熊克哉 Katsuya Maigumaの2019年2月12日のツイート2019年2月24日閲覧。
  20. ^ “「まんぷく」俳優・毎熊克哉 元サッカー日本代表の幼なじみ告白に謙そん「格が違います」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年2月12日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/12/kiji/20190212s00041000146000c.html 2019年2月24日閲覧。 
  21. ^ 【公式】連続テレビ小説「まんぷく」の2018年11月8日のツイート2018年11月8日閲覧。
  22. ^ “水谷豊の監督第2作タイトルは「轢き逃げ 最高の最悪な日」、キャストと特報解禁”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年12月5日). https://natalie.mu/eiga/news/310764 2019年2月11日閲覧。 
  23. ^ 地域発信型映画出演者市長表敬、囲み会見のご案内”. 松江市 (2019年2月5日). 2019年2月11日閲覧。
  24. ^ 地域発信型映画 島根版”. よしもと住みます芸人47web 島根. 吉本興業 (2019年2月5日). 2019年2月11日閲覧。
  25. ^ “明後日の“芝居噺”「後家安とその妹」豊原功補ら出演者10人が明らかに”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年12月26日). https://natalie.mu/stage/news/313907 2019年2月11日閲覧。 

外部リンク編集