メインメニューを開く
毓賢

毓賢(いくけん、Yuxian、? - 1901年2月22日)字は佐臣。内務府正黄旗満洲葉赫顔扎氏。中国末の官僚。

光緒15年(1889年)、山東省曹州知府となり、3ヶ月で盗賊1,500人を殺したことで名を知られるようになった。光緒22年(1896年)、山東布政使に昇進。光緒25年(1899年)に山東巡撫に就任した。

当時の山東省では排外感情が増し、光緒23年(1897年)に大刀会がドイツ人のキリスト教宣教師2名を殺害するという曹州教案が発生して、巡撫李秉衡が解任された。そのような状況の中、山東巡撫に就任した毓賢は「民心用いるべし」として義和拳民を団練に編入し、合法組織の「義和団」が成立した。また義和団に「毓」字の旗を与え、義和団が教会を焼き討ちしキリスト教徒を殺害するのを放置し、キリスト教徒が保護を求めても無視をした。そのため外国の圧力で政府から解任され、袁世凱と交代した。しかし解任後も北京端郡王載漪荘親王載勛大学士剛毅らに義和団を利用するように勧め、西太后にも謁見した。

光緒26年(1900年)になると山西巡撫に復帰。山西巡撫在任中に毓賢の排外主義は更に苛烈さを増し、義和団を使嗾して教会を焼かせ、宣教師を殺害させた。太原では46人の宣教師とその家族(11名の幼児を含む)が殺害、山西省全体では191人の宣教師が殺害され、1万人の中国人信者も殺害され、教会や病院225個所が破壊された。山西省では他の省と比べて最も多く外国人が殺害されたのである。

同年、義和団の乱が鎮圧された後、連合軍は毓賢を戦犯に指名した。9月26日に毓賢は免職となり、新疆省へ流罪となった。そして翌光緒27年(1901年)2月22日、新疆に行く途中の蘭州で処刑された。

毓賢は残忍ではあったが清廉であったので、山西省の人々は祠堂を建てて祀ろうとしたが、朝廷の命令で中止された。


先代:
張汝梅
山東巡撫
1899年
次代:
袁世凱
先代:
鄧華熙
山西巡撫
1900年
次代:
錫良