メインメニューを開く

比村 奇石(ひむら きせき[1])は、日本漫画家イラストレーター。男性[2]北海道出身、神奈川県在住[1]

比村 奇石
生誕 日本の旗 日本北海道
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
イラストレーター
活動期間 2003年 -
ジャンル 青年漫画イラスト
代表作月曜日のたわわ
公式サイト www10.plala.or.jp/strangestone/
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2003年より同人サークル「比村乳業」の活動を開始。その後、脱サラ[3]、2013年より本格的に商業活動を開始。

2015年2月23日から毎週月曜日にTwitterに投稿し後に『月曜日のたわわ』としてシリーズ化された作品群が話題となり[3]、2016年にはアニメ化された[4]

人物像、エピソード編集

最も影響を受けた作品は天王寺きつねの『オルフィーナ[3]。また参考にしている作家として、自身がコミカライズを手がける『ソードアート・オンライン』のテレビアニメでキャラクターデザインを担当する足立慎吾を、好きな作品に『ヴィンランド・サガ』『ドリフターズ』『ヒストリエ』を挙げている[3]

『月曜日のたわわ』をはじめ青色を基調としたイラストが多く、トレードマークとなっている[3]。この青色は元々ジンクスとして下書き用に使われていた色である[3]

サークル「比村乳業」はコミックマーケットにおいて長蛇の列ができる壁サークルとなっており、その頒布の手際の良さと列回転の速さが「アトラクション」「比村サーキット」などと呼ばれ親しまれている[4]

作品編集

連載編集

アンソロジー編集

イラスト編集

テレビアニメ編集

出典編集

外部リンク編集