毗有王(ひゆうおう、生年不詳 - 455年)は百済の第20代の王(在位:429年[1] - 455年)である。

毗有王
Baekje-monarchs(14-20).PNG
各種表記
ハングル 비유왕
漢字 毗有王
発音 ピユワン
日本語読み: ひゆうおう
ローマ字 Biyu-wang
テンプレートを表示

来歴編集

先代の久尓辛王の異母弟[2][3]。『三国史記』にはは伝わらず、『宋書』には百済王余毗として現れる。429年[1] 12月に先王の薨去により王位についた[4]。子に蓋鹵王

治世編集

  • 429年南朝宋朝貢。翌430年には義兄・久尓辛王に与えられていた爵号を継承することが許され「使持節・都督・百済諸軍事・鎮東大将軍・百済王」に冊封された。
  • 433年以来新羅へ使者を送って和親を要請し、贈り物の交換を通じて両国の修好が成立した(羅済同盟)。このように中国南朝(宋)~百済~新羅・倭国の協調体制をもって、北朝(北魏)と結んだ高句麗に対抗する態勢を整えた。
  • そのため455年(9月以降とみられる)に薨去するまで、毗有王の代にあっては戦乱記事はみられずに終わった。王の死の直後(455年10月)に高句麗が百済に侵入した際には、新羅からは百済を救援する軍が派遣されており、毗有王の目指していた対高句麗の体制は奏功したものと見られる。
  • 文化面では、南朝宋への朝貢を通じて『易林』『式占』などの書物を求め、南朝宋の文帝より与えられている。

補註編集

  1. ^ a b 『三国史記』では「427年」と記載。
  2. ^ 三国史記』百済本紀・毗有王紀の分注に「第18代の腆支王の庶子」と記されている。
  3. ^ 三国史記』の本文では「久爾辛王の長男」とするが、年齢的に久尓辛王の実子とするのは無理がある。
  4. ^ 「日本書紀」朝鮮関係記事と百済三書』田中俊明、『京都産業大学日本文化研究所紀要』第26号・令和3三年(2021)3月。

参考文献編集