毛利 元徳 / 定広(もうり もとのり / さだひろ)、天保10年9月22日1839年10月28日) - 明治29年(1896年12月23日)は、長州藩の第14代(最後の)藩主。のち公爵位階従一位勲等勲一等

 
毛利 定広 / 毛利 元徳
Mōri Motonori.jpg
毛利元徳
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保10年9月22日1839年10月28日
死没 明治29年12月23日1896年12月23日
改名 広封→定広→広封→元徳
諡号 忠愛公
墓所 山口県山口市上宇野令の香山墓地並びに芳宜園神社
官位 従三位長門守侍従左近衛少将参議従一位勲一等公爵
長州藩
氏族 毛利氏
父母 父:毛利広鎮、母:多喜勢(滝瀬)
養父:毛利敬親
兄弟 毛利広衷毛利寿粛堅田元琦、寧子(福原熙賢室)、福原元毛利元蕃、勅子(毛利元美室)、秋元志朝毛利元徳、女(京極高聡正室のち山崎義柄正室)
正室:安子(銀姫・毛利元運娘)
側室:山中花子
毛利元昭小早川三郎小早川四郎毛利五郎大村徳敏西園寺八郎西園寺公望養子)

目次

生涯編集

 
大礼服を着用した毛利元徳

徳山藩第8代藩主・毛利広鎮の十男として生まれる。母は三宅才助の娘で側室の多喜勢(滝瀬)。広鎮は還暦を迎えた2年前の天保8年(1837年)に隠居し、すでに成人していた七男(元徳の異母兄)の元蕃が藩主を継いでいた。元徳の兄には他に福原元僴(越後、長州藩家老福原家を継ぐ)、秋元志朝(山形藩主、のち館林藩主)らがいる。徳山毛利家は長州藩祖輝元の男系の血筋を伝える毛利の分家であったが、広鎮の曾祖父元次(輝元の孫)が本家の後継候補から外されたことが元で、長州藩内に確執を生んでいた。元徳は4代吉広以来の、輝元直系の長州藩主となる。

嘉永5年(1852年)2月27日、先代藩主の毛利慶親(のちの敬親)に嗣子がないため、その養子となる。はじめは広封(ひろあつ)と名乗る。安政元年(1857年)2月18日、養父・慶親の嫡子となる。同年3月9日、従四位下侍従・長門守に叙任する。また、将軍徳川家定から偏諱(「定」の一字)を受けて定広(さだひろ)と名乗った。

安政5年(1858年)、長府藩毛利元運の次女銀姫(安子)と婚儀を挙げる。銀姫は元徳と前後して慶親の養女となっていた。

元治元年(1864年)7月14日、禁門の変に際し、三条実美らをともない、兵を率い京都に向かう。7月21日、禁門の変の敗北を知り、山口に引き返す。8月22日、幕府により官位を剥奪された。また、「定」の字を召し上げられて、広封に戻す。明治維新後に元徳と改名する。

慶応4年(1868年)2月上洛し、3月議定に就任する。明治2年(1869年)6月4日、養父敬親の隠居で跡を継ぎ、従三位参議となる。就任後まもなく版籍奉還知藩事となった。明治4年(1871年)、廃藩置県で免官されて東京へ移り、第15国立銀行頭取、公爵、貴族院議員となった。

明治29年(1896年)12月23日、死去。57歳没。国葬を賜った。号は忠愛公。

栄典編集

偏諱を与えた人物編集

元徳時代

系図編集

実際の親子関係のみを示す。

 
 
 
元就
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隆元 吉川元春 小早川隆景 穂井田元清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
輝元
(長州藩祖)
 
 
 
 
 
 
秀元
(長府1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秀就
(長州1)
 
 
 
就隆
(徳山1)
光広
(長府2)
元知
(清末1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
綱広
(長州2)
元次
(徳山3)
元賢
(徳山2)
綱元
(長府3)
匡広
(清末2/長府6)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉就
(長州3)
吉広
(長州4)
元尭
(徳山4)
広豊
(徳山5)
吉元
(長州5)
重就
(長府8/長州7)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広寛
(徳山6)
吉川経倫
(岩国7)
就馴
(徳山7)
宗広
(長州6)
匡満
(長府9)
治親
(長州8)
匡芳
(長府10)
親著 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
福原房純
(宇部福原21)
広鎮
(徳山8)
 
 
 
斉房
(長州9)
斉煕
(長州10)
元義
(長府11)
斉元
(長州11)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
福原元僴
(宇部福原24)
元蕃
(徳山9)
秋元志朝
(館林藩主)
元徳
(長州14/公爵)
由美子
(斉元正室)
八重子
(元蕃正室)
斉広
(長州12)
元運
(長府12)
敬親
(長州13)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
毛利元昭
(当主・公爵)
小早川三郎  小早川四郎  毛利五郎
(分家・男爵)
大村徳敏
(寛人養子・子爵)
西園寺八郎
(公望養子・公爵)
都美子
(敬親正室)
安子
(元徳正室)
元敏
(長府14/子爵)
元功
(元蕃養子・子爵)

登場する作品編集

テレビドラマ

脚註編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  2. ^ 『官報』第1278号「叙任及辞令」1887年9月30日。
  3. ^ 『官報』第1278号「彙報 - 褒章」1887年9月30日。
  4. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  5. ^ 『官報』第2195号「叙任及辞令」1890年10月22日。
  6. ^ 『官報』第3589号「叙任及辞令」1895年6月18日。
  7. ^ 『官報』第4049号「叙任及辞令」1896年12月25日。
  8. ^ 『官報』第4050号・号外「勅令」1896年12月26日。
  9. ^ 『官報』号外「故従一位毛利元徳葬儀」1896年12月29日。

外部リンク編集