メインメニューを開く
毛利元敏

毛利 元敏(もうり もととし、嘉永2年5月3日1849年6月22日) - 明治41年(1908年4月2日)は、長門長府藩の第14代(最後)の藩主。

第12代藩主・毛利元運の六男。母は土屋彦直の娘・欽麗院。同母姉に毛利宗家の長州藩主・毛利元徳の正室・安子がいる。正室は正親町三条実愛の娘(毛利敬親の養女)・保子。側室に美濃子がいる。官位は従二位。幼名は宗五郎。子に毛利元雄乃木希典の養子となった乃木元智毛利邦樹、多栄子(三条公輝室)らがいる。

経歴編集

江戸で生まれる。慶応4年(1868年)3月5日、先代藩主で従兄の元周が隠居したため、その養嗣子として跡を継いだ。明治2年(1869年)の版籍奉還藩知事となり、藩を豊浦藩と改名する。明治4年(1871年)7月の廃藩置県で免官されて東京へ移った。同年の岩倉使節団に同行してアメリカへ留学する。使節団同行者には岩倉具視木戸孝允大久保利通伊藤博文山口尚芳佐々木高行山田顕義田中光顕田中不二麿など当時の要人のほか、元敏のような旧大名家・公家の子弟、岩倉具綱(具視の養子)、大久保彦之進牧野伸顕山県伊三郎等が参加。鍋島直大前田利嗣前田利同黒田長知鳥居忠文大村純煕らも参加していた。

明治17年(1884年)には子爵となり、勲二等、従二位などにも叙せられている。

また、詩歌に優れていたことから明治天皇に気に入られ、宮中御歌所寄人に任じられている。歌集には「松の下葉」などがある。

明治41年(1908年)4月2日、長府にて死去した。享年60。神号は元敏命。墓所は山口県下関市長府の功山寺

栄典・授章・授賞編集

脚註編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第308号、1884年7月9日。
  2. ^ 『官報』第610号「賞勲叙任」1885年7月14日。
  3. ^ 『官報』第1278号「彙報 - 褒章」1887年9月30日。
  4. ^ 『官報』第1943号「叙任及辞令」1889年12月18日。

関連項目編集


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
長府毛利家初代
1884年 - 1908年
次代:
毛利元雄