メインメニューを開く

毛利 元純(もうり もとずみ)は、長門清末藩の第8代(最後)の藩主。

 
毛利 元純
Mouri Motozumi.jpg
毛利元純
時代 江戸時代後期(幕末) - 明治時代
生誕 天保3年11月6日1832年11月27日
死没 明治8年(1875年3月12日
改名 銀三郎(幼名)、元純
墓所 山口県下関市清末の高林寺
官位 従五位下、讃岐守贈従三位
幕府 江戸幕府
長門清末藩
氏族 木下氏毛利氏
父母 父:木下俊敦、母:河瀬氏
養父:毛利元承
兄弟 木下俊方元純木下俊程木下俊愿
正室:毛利斉熙の娘・天妙院
継室:毛利熙頼の娘・万佐子
元忠(長男)、娘(国司純行室)、
娘(毛利徹之室のち佐々木竜円室)、
娘(吉川経健正室のち新田忠純室)

生涯編集

天保3年(1832年)11月6日、豊後日出藩主・木下俊敦の四男として江戸で生まれる。嘉永2年(1849年)に第7代藩主・元承が早世したため、その養子となって嘉永3年(1850年)3月5日に跡を継いだ。嘉永4年(1851年)に叙任している。

幕末期は、本家の長州藩毛利敬親の代理(名代)として働くことが多く、慶応2年(1866年)の第2次長州征伐では、大村益次郎と協力して石見浜田藩の軍勢を打ち破っている。明治2年(1869年)の版籍奉還藩知事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で免官された。

明治8年(1875年)3月12日に死去した。享年44。明治24年(1891年)に従三位を追贈された。