メインメニューを開く

毛利 元雅(もうり もとまさ、元禄15年(1702年) - 享保21年2月23日1736年4月3日))は、長州藩一門家老である大野毛利家の4代。

兄は山内広通。正室は益田就賢の娘。子は毛利広圓国司就将室、福原広門室。幼名は幾之進。初名は尭登。通称は伊勢。

生涯編集

元禄15年(1702年)、長州藩寄組山内広直の次男として生まれる。母は側室。宝永7年(1710年)、永代家老益田家分家益田広明の家督を相続し、益田尭登と名乗る。正徳3年(1713年)、一門家老大野毛利家3代元直死去により、その家督と遺領6074石の相続を命じられる。実父広直の正室が毛利就頼の娘で、その養育を受けていた縁での養子入りであった。後に開作(干拓)により知行6156石となる。加判役(家老)、江戸留守居家老として藩主毛利吉元宗広の2代に仕えた。享保21年(1736年)2月23日没。享年35。家督は嫡男の広圓が相続した。

参考文献編集

  • 「吉見・浦・両村上略系譜」(東京大学史料編纂所
  • 「吉見系図」(東京大学史料編纂所)
  • 「益田隼人家譜」(東京大学史料編纂所)