メインメニューを開く

毛利 吉元(もうり よしもと)は、長州藩の第5代藩主。長府藩主・毛利綱元の長男。母は池田光政の娘・祥雲院[1][2]。養母は鷹司輔信の娘・小石姫(養心院)。正室は池田綱政の娘・法林院[3]

 
毛利吉元
Mōri Yoshimoto.jpg
毛利吉元像(毛利報公会蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 延宝5年8月24日[1]1677年9月20日
死没 享保16年9月13日1731年10月13日[1]
改名 又四郎[1]幼名[2])→元倚(初名)[1]→吉元
別名 通称:右京太夫
諡号 泰桓公[3]
戒名 泰桓院殿前二州太守四品拾遺補闕仰岳浄高大居士[3]、泰桓院仰岳浄高[2]
墓所 山口県萩市東光寺[3]
官位 従五位下[3]、右京大夫[3]、従四位下[3]、民部大輔侍従[3]長門[3]
長府藩藩主嗣子→長州藩藩主
氏族 毛利氏
父母 父:毛利綱元[1][2]、母:池田光政[1][2]・祥雲院
養父:毛利吉広[1]
兄弟 毛利吉元本多忠次毛利匡以毛利元矩
正室:池田綱政娘・法林院[3]
側室:伴氏(桂月院)[4]、森氏(永昌院)[4]
宗元(元朝)(長男)[3]元陳(三男)[5]
宗広(維広)(五男)[6]
皆姫(島津継豊正室)[5]、寧(毛利師就正室・心涼院)[6]

目次

経歴編集

延宝5年(1677年)8月24日、江戸で生まれる[1]元禄4年(1691年)12月に元服して元倚もとより[1][注釈 1]と名乗る。宝永4年(1707年)に本家藩主・毛利吉広が若死にすると、その養嗣子として後を継ぐ[2]。吉広同様、将軍徳川綱吉より偏諱を賜い、吉元に改名。吉元は毛利秀元系初の長州藩主であるが、この家督相続の際に徳山藩主で、血統上は毛利輝元系の毛利元次が無視されたので、禍根を残すことになり、万役山事件を起こすこととなる。

藩財政再建のため、5か年の倹約や経費節減、参勤交代での人数の減少に努めた。また、文武を奨励して藩校明倫館を創設し[2]、さらに毛利家の家系をまとめた閥閲録204冊の編纂も行なった。

享保16年(1731年)9月13日、江戸で死去[3][2]。享年55[3][2]。墓所は山口県萩市椿東の東光寺[3][2]大正5年(1916年)11月、従三位を追贈された[2]

初めは三男の元陳もとのぶを、次に実家の長府藩主を継いでいた長男の元朝(宗元)を、次の長州藩主に定めていたが、いずれも吉元に先立って早世しており、新たに嫡男となっていた五男の維広(宗広)が跡を継いだ。

偏諱を与えた人物編集

吉元時代
「元」は毛利氏の通字として最もよく用いられている字であり、一部の分家でも代々用いられている。そちらについては特別に吉元から賜ってはいないものとみなし、明らかにこの代に賜っている人物のみを掲載する。

登場する作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 元猗とも。
  1. ^ a b c d e f g h i j 時山弥八編 1916, p. 96.
  2. ^ a b c d e f g h i j k 吉田 1976, p. 236.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 時山弥八編 1916, p. 97.
  4. ^ a b 時山弥八編 1916, p. 100.
  5. ^ a b 時山弥八編 1916, p. 98.
  6. ^ a b 時山弥八編 1916, p. 99.

参考文献編集

  •  時山弥八編『国立国会図書館デジタルコレクション 稿本もりのしげり』、1916年。NCID BN04718592
  • 吉田祥朔 『近世防長人名辞典』 (増補版) マツノ書店、1976年6月1日。 NCID BN02934961