メインメニューを開く

毛利 宗広(もうり むねひろ)は、長州藩第6代藩主。第5代藩主毛利吉元の五男[1][2]。正室は越前松平宗昌の娘・勝姫(隔芳院・融芳院)。は初め維広これひろ[1]、後に徳川吉宗偏諱を拝領して宗広に改名した[2]

 
毛利宗広
時代 江戸時代中期
生誕 享保2年7月6日[1][2]1717年8月12日
死没 寛延4年2月4日1751年3月1日[1]
改名 百合助[1]幼名)→維広(初名)[1]→宗広
別名 大膳[1]、松平大膳[2]
戒名 観光院殿前二州大守四品拾遺輔閥兼大官令天倫常沢大居士[1]、観光公[1]
墓所 山口県萩市桜江の大照院[1]
官位 従五位下大膳大夫[1]、従四位下[1]、侍従[1]
長州藩藩主
氏族 毛利氏
父母 父:毛利吉元[1][2]、母:森氏[1]
兄弟 宗元(元朝)元陳宗広
正室:松平宗昌娘・勝姫(隔芳院・融芳院)[1]
齢(誠)(初め毛利重広室、のち松平容頌継室)、養子:重就[3]
テンプレートを表示

経歴編集

享保2年(1717年)7月6日に萩城で生まれる[1][2]。長兄で嫡子だった宗元が享保6年(1721年)に早世したため世嗣となる。享保12年(1727年)に松平大膳と称し、を維広とする[2]。享保12年(1727年)、将軍・吉宗から偏諱を受け吉広と改名する[2]。享保16年(1731年)、吉元の死去により家督を相続し15歳にして藩主に就く[1][2]

その施政は、岡山藩倉安川を参考に萩城下に藍場川を造成し、水運の便を図ったり、神社仏閣の建設にも力を入れた。治世中の出来事として、寛保2年江戸洪水の手伝い普請がある。

寛延4年(1751年)2月4日、35歳で死去した[1]。世嗣となる男児がいなかったため、支藩である長府藩から重就末期養子として迎えられた。

偏諱を与えた人物編集

※死後
  • 毛利重(重就の養子。宗広の遺言により娘婿となり、重就の嫡子となるも早世)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 時山弥八編 1916, p. 100.
  2. ^ a b c d e f g h i 吉田 1976, p. 236.
  3. ^ 時山弥八編 1916, p. 101.

参考文献編集

  •  時山弥八編『国立国会図書館デジタルコレクション 稿本もりのしげり』、1916年。NCID BN04718592
  • 吉田祥朔 『近世防長人名辞典』 (増補版) マツノ書店、1976年6月1日。 NCID BN02934961