メインメニューを開く

毛利 師就(もうり もろなり、宝永3年8月26日1706年10月2日) - 享保20年4月22日1735年6月12日))は、長門長府藩の第7代藩主。

 
毛利師就
生誕 宝永3年8月26日1706年10月2日
死没 享保20年4月22日1735年6月12日
官位 主水正
幕府 江戸幕府
テンプレートを表示

第6代藩主・毛利匡広の五男。母は下村氏(相子・超俊院)。正室は毛利吉元の娘・心涼院(寧子)。側室に林氏(春光院)。子は毛利教逵(のりみち、長男)。官位は従五位下、主水正。幼名は百助、財之丞。ははじめ親就(ちかなり)、後に師就。

経歴編集

父が毛利元平を名乗り清末藩主だった時代に生まれる。五男だったが、兄たちが次々と早世したため、父の長府藩主時代に世子となった。享保10年(1725年)、江戸城松の廊下にて狂気乱心した信濃松本藩水野忠恒に斬りつけられ、鞘刀で応戦するという事件が起きた。忠恒は乱心により改易、師就は正当防衛によりお咎めなしとなった。斬りつけられた原因は、水野家が改易され、その所領が師就に与えられるという噂を水野が信じたためであるという。

享保14年(1729年)の父の死去により跡を継いだ。このとき、弟(七男)の政苗に1万石を分知して、清末藩を再興させている。

その後、城下における火災が多発し、さらには風水害にも見舞われて藩財政は悪化した。このため、防火体制の強化に努めている。

享保20年(1735年)4月22日、30歳で死去し、跡を弟(十男)で養嗣子の匡敬(のちに宗家長州藩主となり重就を名乗る)が継いだ。法号は聖諦院殿廓心勇然大居士。墓所は、下関市長府笑山寺[1]。同市長府宮崎町の豊功神社[2]

脚注編集

  1. ^ 「長府毛利十四代記」(下関市立長府博物館)
  2. ^ 忌宮神社境内に創建された毛利家の霊社。県社。

関連項目編集