メインメニューを開く

毛利 房元(もうり ふさもと)は、戦国時代武将。初め大内氏に属し、後に毛利氏家臣となる。父は毛利右衛門四郎

 
毛利房元
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 不詳
官位 右京進備前守
主君 大内義隆義長毛利元就
氏族 大江姓毛利氏
父母 父:毛利右衛門四郎
房郷
テンプレートを表示

生涯編集

大内氏配下で周防国玖珂郡山代庄[1]の志不前郷・貞宗名15石を領した毛利右衛門四郎の子として生まれる。

天文14年(1545年9月29日、周防国玖珂郡山代庄[1]の志不前郷・貞宗名15石の相続したが、天文20年(1551年5月23日には嫡男・房郷に所領を相続させることを大内義隆から認められた。同年9月1日大寧寺の変で大内義隆が陶晴賢に討たれたため、以後は大内義長に仕えた。

天文24年(1555年6月23日に陶晴賢より「備前守」の挙状が出されているが、同年10月1日厳島の戦い以前に房郷と共に毛利元就に帰順。

その後の房元の動向は不明。

脚注編集

  1. ^ a b 現在の山口県岩国市本郷町および錦町

参考文献編集