メインメニューを開く

毛利 良勝(もうり よしかつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将織田氏の家臣。通称は新介、後に新左衛門

 
毛利良勝
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 生年不詳
死没 天正10年6月2日1582年6月21日
改名 毛利新介→良勝
別名 秀高、通称:新助(新介)→新左衛門
主君 織田信長

略歴編集

尾張国の出身というが、出自については不明。織田信長馬廻として仕えた。小姓であったとする説もある。

永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いでは負傷した服部一忠を助け、今川義元の首を取り名を上げた。この際、指を噛み千切られたといわれる。桶狭間以後は諱を良勝と名乗り、通称は新介から新左衛門に改めた。

母衣衆が選抜されたときに黒母衣衆の一人に名を連ねた。

信長上洛後は、永禄12年(1569年)に大河内城攻めに参加したが、主に吏僚として活躍。信長の側近として尺限廻番衆(さくきわまわりばんしゅう)に属し、判物や書状に署名を残した。

天正10年(1582年)、甲州攻めでも信長に随行して4月の諏訪在陣で興福寺大乗院より贈品を受けている。

本能寺の変の際も信長に従ってに滞在しており、信長の長子信忠を守って二条御新造に籠り、信忠と共に奮戦の末に討死した。

関連作品編集

小説

参考文献編集