メインメニューを開く

毛利 衛(もうり まもる、1948年(昭和23年)1月29日 - )は、北海道出身の宇宙飛行士科学者。科学者としての専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験。化学者でもある。

毛利 衛
MamoruMohri-NASA.jpg
宇宙飛行士
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1948-01-29) 1948年1月29日(71歳)
日本の旗 日本 北海道余市町
他の職業 技術者
宇宙滞在期間 19日4時間9分
選抜試験 1985 NASDA Group
ミッション STS-47, STS-99
記章 Sts-47-patch.pngSts-99-patch.png

宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、京都大学大学院特任教授[1]東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授、公益財団法人日本宇宙少年団団長。

アラバマ大学客員教授、筑波大学客員教授なども歴任した。

来歴編集

研究者となるまで編集

北海道余市郡余市町に生まれる。幼い頃はカマキリ水泳が大の苦手で、風呂で溺れそうになった経験を持つ。

1961年、13歳の時にソビエト連邦ボストーク1号が人類初の有人宇宙飛行に成功した際、飛行士のユーリイ・ガガーリンが発した「地球は青かった」という言葉に、宇宙に対する憧れを抱く[2]。1963年、余市町立東中学校を卒業して、北海道立余市高等学校に進む。同年7月20日に起きた日食(北海道の一部が皆既帯に入った)を見て、科学者を志望した[2]1966年に高校を卒業後、北海道大学理学部に進学する。1970年に理学部化学科を卒業、引き続き大学院化学専攻で研究をおこない、1972年に修士号を取得した。

南オーストラリア州フリンダース大学大学院理学研究科化学専攻に留学し、1975年に修士号、1976年に博士号をそれぞれ取得した。

1980年に母校の北海道大学工学部講師に就任し、1982年に助教授に昇格する。

宇宙飛行士時代編集

1983年12月、宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構)が「1988年初め頃の飛行」を前提に、スペースシャトルに搭乗する初の日本人宇宙飛行士を募集する(募集期間は翌年1月まで)[3]。毛利はこれに応募、1985年に公表された最終候補者7人の中では最年長(当時37歳)であった[4]。同年8月7日、向井千秋土井隆雄とともに飛行士に選ばれる[5]。応募者総数は531人だった[6]。事業団の所属となり、日米で訓練を受ける。

1986年1月28日に母が死去し、北海道の実家に戻ろうとした矢先にチャレンジャー号爆発事故のニュースに接して、帰省を延期の上で事業団の記者会見に出席した[7]

1987年より、アラバマ大学ハンツビル校微小重力実験研究センターにて研究に従事する[8]。オーストラリアでの留学生寮生活の経験から対人コミュニケーションの重要性を認識し、NASAでは技術者たちだけではなく、事務員たちとも親しく接していた。事務員たちの心証が良かったことが評価され、搭乗運用技術者に選抜されたことに繋がったという[9][出典無効]

前記の通り、日本人宇宙飛行士によるスペースシャトル搭乗は当初1988年初頭が予定されていたが、チャレンジャー号爆発事故の影響で発射は中断、再開後も日本人搭乗ミッションは延期された。日本人によるスペースシャトルミッションの最初の搭乗者が毛利に正式に決定したのは1990年4月24日だった(その時点でのミッションは1991年6月の予定だった)[10]。しかしそれに先だってTBSが記者をソビエト連邦のソユーズ宇宙船に乗せることが報じられていた。1990年12月にTBS記者の秋山豊寛がソビエト連邦のソユーズTM-11で初の日本人宇宙飛行士となる[11]。アメリカでの訓練中にこの報に接した毛利は「非常に刺激になった。私たちも日本とアメリカの最先端の技術を駆使した実験を計画しており、ぜひ成功させたい。」とコメントした[11]

最終的に毛利の搭乗ミッションは1992年にずれ込み、9月12日から9月20日までスペースシャトルエンデバーのミッション(STS-47)にペイロードスペシャリスト(搭乗科学技術者)として搭乗し、秋山に次ぐ二人目の日本人宇宙飛行士となった(正確には当時の毛利は搭乗科学技術者)。また、日本国籍保有者として初めてスペースシャトル計画に加わった宇宙飛行士である。帰還直後、テレビカメラの前で「宇宙からは国境線は見えなかった」とコメントした。同年10月、宇宙開発事業団宇宙環境利用システム本部宇宙環境利用推進部有人宇宙活動推進室に異動する。

1998年、NASAのミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者)の資格を得る。

2000年2月12日から2月23日には、エンデバーで2度目となる宇宙飛行(STS-99)に参加。ミッションスペシャリストとして、レーダーによる地球の地形の精密な観測 (SRTM) をおこなった。これ以降、現在まで宇宙飛行歴はない。

飛行士引退後編集

2000年10月、日本科学未来館館長に就任する。

2003年、沖縄沖にて、しんかい6500に搭乗した。

2004年(平成16年)5月15日に行われたタウンミーティングにおいて、習熟度別授業に対して肯定的な意見を述べた[12]

2007年1月には、南極昭和基地を訪問した。

人物編集

結婚し、子が3人いる。毛利信男は実兄。

航空事故に遭遇したこともあるが、死ぬのは怖くないという。

趣味はスキーテニス野球卓球アイススケートスキューバダイビングスカッシュ、エアロビクス、フィットネス、またアマチュア無線技士の資格を持つ。

賞歴編集

社会的活動編集

著書編集

  • 『毛利衛、ふわっと宇宙へ』 朝日新聞社、1992年、ISBN 4-02-256528-4
  • 『宇宙実験レポート from U.S.A. スペースシャトルエンデバーの旅』 講談社、1992年、ISBN 4-06-206121-X
  • 『地球星の詩』 朝日新聞社、1995年、ISBN 4-02-258585-4
  • 『宇宙の風 50歳からの再挑戦』 朝日新聞社、1998年、ISBN 4-02-261247-9
  • 『宇宙からの贈りもの』 岩波書店、2001年、ISBN 4-00-430739-2
  • 『未来をひらく最先端科学技術(全6巻セット)』 岩崎書店、2004年、ISBN 4-265-10318-9
  • 『夢が現実に!ロボット新時代(第1巻 - 第4巻)』 学習研究社、2005年、ISBN 4-05-152282-2
  • 『モマの火星探検記』 講談社、2009年、ISBN 978-4-06-378701-6
  • 『日本人のための科学論』 PHPサイエンス・ワールド新書、2010年、ISBN 978-4-569-79133-3
  • 『宇宙から学ぶ―ユニバソロジのすすめ』 岩波新書、2011年、ISBN 978-4-00-431346-5

出演編集

TV番組編集

教養番組編集

  • 4Kアドベンチャー 日本列島 奇跡の海を行く(BS朝日) - スペシャルナビゲーター[13]
    • 第一夜 富士山と立山が育む 豊かな深海 (2018年12月8日)
    • 第二夜 黒潮と親潮が運ぶ海の宝 (2018年12月9日)
  • 毛利衛&中川翔子 地球最後の日鏡へ!ニッポンの深海大冒険 (2019年2月8日、BS-TBS)[14]

テレビドラマ編集

2001年3月21日放送の最終回に、宇宙開発事業団の面接官役で出演。
2002年。本人役。

CM編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 京都大学野生動物研究センター http://www.wrc.kyoto-u.ac.jp/members.html
  2. ^ a b “毛利衛さん宇宙特別授業「宇宙からの贈りもの」”. バンクーバー新報. (2011年10月14日). http://www.v-shinpo.com/special/402-2011-10-14-20-42-36 2019年9月1日閲覧。 
  3. ^ 「宇宙飛行士志願200人超す」朝日新聞1984年1月28日朝刊3頁
  4. ^ 「スペースシャトルの日本人宇宙飛行士候補 NASAの現地入り」朝日新聞1985年6月22日夕刊13頁
  5. ^ 「初の日本人宇宙飛行士3人決まる」朝日新聞1985年8月7日夕刊11頁
  6. ^ 朝日新聞1984年4月3日夕刊10頁
  7. ^ 朝日新聞1986年1月29日夕刊11頁
  8. ^ 毛利衛:JAXAの宇宙飛行士 - 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター - JAXA”. iss.jaxa.jp. 2019年3月31日閲覧。
  9. ^ NHKラジオ深夜便「わたしの“がむしゃら”時代」、2013年4月9日放送より
  10. ^ 読売新聞1990年4月24日夕刊15頁
  11. ^ a b 「『中年』の快挙に弾む歓声 秋山豊寛さん、ソ連のソユーズで軌道へ」朝日新聞1990年12月3日朝刊31頁
  12. ^ 教育改革タウンミーティング イン 愛媛 議事要旨
  13. ^ 4Kアドベンチャー 日本列島 奇跡の海を行く”. BS朝日. 2019年2月26日閲覧。
  14. ^ “毛利衛&中川翔子が宇宙より謎だらけの深海を大冒険!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年2月3日). https://thetv.jp/news/detail/177875/ 2019年10月17日閲覧。 

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集