メインメニューを開く

毛利高範

日本の貴族、毛利式速記術の創始者
毛利高範

毛利 高範(もうり たかのり、慶応2年12月5日1867年1月10日) - 昭和14年(1939年6月12日)は、戦前日本の華族子爵)、貴族院議員、毛利式速記術の創始者。

生涯編集

肥後宇土藩細川行真の次男として熊本に生まれた。幼名は侃次郎(なおじろう)。義理の叔母・美女子(細川立則の娘)が、豊後佐伯藩毛利高謙の後妻となった縁で、高謙の養子となった。廃藩置県後に上京して、明治9年(1876年)に養父の死により家督を相続、1884年(明治17年)7月8日、子爵を叙爵した[1]。明治21年(1888年)ドイツに留学、速記術を研究、明治24年に帰国し宮内省式部官に任命されるが明治26年に佐伯に帰り日本語速記の研究を続けた。明治40年(1907年)9月に子女の教育のため再び上京し、大正2年(1913年)6月[2]に貴族院子爵議員(以後2回当選)となる。大正9年(1920年)7月、毛利式速記術として発表、大正12年(1923年)4月に毛利式速記学校を設立して教授した。大正13年(1924年)に私財を投じて「毛利家奉公財団」を設立し、佐伯の教育や殖産振興に努めた。昭和7年(1932年)7月、貴族院議員を辞職に際し、速記課に1000円を寄付した。昭和14年(1939年)自邸で病没。墓所は芝高輪の東禅寺。戒名は速記院殿開新高範大居士。

栄典編集

著作編集

著書に『毛利式日本速記術』などがある。

親族編集

前妻は越後与板藩第10代藩主井伊直安の娘・隆子(1871年 - 1888年)、後妻は直安の養女(直安の兄・井伊直咸の娘)・賢子である。長女の久子は黒田長和に、次女の千代子近衛文麿に、三女の泰子はその弟秀麿に、五女の喜代子は筑波藤麿に嫁した。長男の高亮は早世し、次男の高棟が家督を継いだ。子供らはみな速記術を習得し、泰子は西園寺公望の秘書だった原田熊雄に協力して「原田日記」を口述筆記した。

脚注編集

  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  2. ^ 『官報』第269号、大正2年6月23日。
  3. ^ 『官報』第4046号「叙任及辞令」1896年12月22日。
  4. ^ 『官報』第1930号「叙任及辞令」1919年1月11日。
  5. ^ 『官報』第3533号「叙任及辞令」1924年6月4日。
  6. ^ 『官報』第1496号「叙任及辞令」1931年12月23日。

出典編集

  • 日本速記者名鑑(1953年(昭和28年)10月28日発行)
  • 日本人名大辞典(講談社)


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
佐伯毛利家初代
1884年 - 1939年
次代:
毛利高棟