メインメニューを開く

毛利 高誠(もうり たかのぶ、安永5年(1776年)- 文政12年7月26日1829年8月25日))は、豊後国佐伯藩の第9代藩主。

第8代藩主・毛利高標の長男。母は田中氏。正室は喜連川恵氏の娘、継室は京極高文の娘。子は毛利高翰(長男)。官位は従五位下、美濃守。初名は高聴。通称は岩之助。

寛政元年(1789年)9月11日、父高標の嫡子となる。寛政4年7月26日、将軍徳川家斉にお目見えする。同年12月16日、従五位下美濃守に叙任する。享和元年1801年9月、父の死去により家督を継ぐ。父と同じく財政再建を主とした藩政改革に乗り出し、糾府・米金府・勘定府の三府を開設した。しかし、文化8年(1811年)に岡藩で起こった一揆が佐伯藩にも波及して、翌年に大規模な百姓一揆が起こる。家老の戸倉織部の尽力で何とか対処したが、同年5月に一揆が沈静化するのを見届けてから、長男・高翰に家督を譲って隠居した。その後は父と同じく、文教奨励政策に尽力した。文政12年(1829年)に54歳で死去した。法号は寛洪院。