メインメニューを開く

氏家 定直(うじいえ さだなお)は、戦国時代武将最上氏の家臣。

 
氏家定直
時代 戦国時代
生誕 永正元年(1504年)?
死没 元亀元年(1570年)?
官位 伊予守(受領名)
主君 最上義定義守
氏族 氏家氏
守棟

略歴編集

元服時に最上義定より偏諱を受けて定直と名乗った。永正17年(1520年)に義定が没すると、義定の養子となって跡を継いだ義守に仕えることとなる。

天文11年(1542年)の天文の乱の際は、若年であった義守を補佐しつつ伊達稙宗方として参戦する。乱は伊達晴宗(稙宗の子)方の勝利に終わるが、晴宗と義守との関係修復に尽力した。元亀元年(1570年)、義守とその長男・義光との家督をめぐっての内紛(天正最上の乱)では、病身を押して仲介に奔走し、父子の和睦と義光への家督譲渡を実現させた。

その後、程なく没したとされ、跡を嫡男・守棟が継いだ。