メインメニューを開く

氏家 直昌(うじいえ なおまさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将氏家氏13代当主。

 
氏家直昌
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正11年(1583年
別名 直重、直通、経国、行広、左京亮
主君 斎藤龍興織田信長
氏族 氏家氏
父母 父:氏家直元(卜全)
兄弟 直昌行広行継
重近

生涯編集

氏家氏は宇都宮氏の庶流。直昌は西美濃三人衆の一人・氏家直元(卜全、大垣城城主)の子として生まれる[1]

始め美濃斎藤氏に仕えるが、織田信長に降る[1]元亀2年(1571年)の長島一向一揆攻めで父が戦死したため、家督を継いだ[1]。信長に従って各地を転戦し、天正元年(1573年)の一乗谷城の戦いではかつての旧主・斎藤龍興を討ち取るという武功を挙げた[1]。天正7年(1579年)、荒木村重稲葉貞通を攻撃した際、堀川国満と共に撃退した[1]。その後も石山合戦荒木村重討伐などに参加して武功を挙げている。

天正10年(1582年)に信長が本能寺の変で横死した後は羽柴秀吉と誼を通じたが、天正11年(1583年)に死去。跡を弟の行広が継いだ。

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『戦国人名事典』(阿部猛西村圭子編)142頁