民主主義回復フォーラム (ケニア)

民主主義回復フォーラム民主回復フォーラム英語: Forum for the Restauration of Democracy、略称:FORD)は、ケニアの政治運動、政党

結成編集

1991年ダニエル・アラップ・モイ大統領の政権とケニア・アフリカ民族同盟(KANU)の一党制に反対する政治家により結成された。民主主義回復フォーラムの目標は複数政党制による民主主義、自由主義的変革であった。アフリカ諸国では1990年代から冷戦の終結や東欧革命ソビエト連邦の崩壊の影響で一党独裁体制が崩壊していったが、ケニアでも民主化の動きが活発化していく。

創設者たち編集

FORDは、ジャラモギ・オギンガ・オディンガケネス・マティバマーティン・シククマシンデ・ムリロマイケル・ワマルワによって結成された。当初、モイ大統領はを抑圧するが、1991年11月26日パリで開催されたアフリカ援助国会議で、ケニアに対して民主化、構造調整計画の遅れに批判が集まり、新規援助停止が決定された。これを契機に12月2日、KANU幹部会は複数政党制導入を決定した。FORDは民主党とともにケニア全国規模の野党に成長することとなる。

分裂編集

1992年総選挙が実施される前に、大統領候補をめぐって党内は対立した。結局、FORDは、以下の3つに分裂した。[1].

結局、党分裂の影響もあり、1992年総選挙では大統領選挙で現職のモイ大統領が当選し、民主主義回復フォーラム・アシリケネス・マティバは2位、民主主義回復フォーラム・ケニアジャラモギ・オギンガ・オディンガは4位にとどまった。議会選挙でもKANUは100議席を獲得し第一党の座を確保し、民主主義回復フォーラム・アシリ民主主義回復フォーラム・ケニアはそれぞれ31議席を獲得するにとどまった。

こうしてFORDは、1992年総選挙には敗れはしたものの、歴史的にはケニアの複数政党制、民主化の端緒を開いた政治運動であると評価されている。

脚注編集

  1. ^ Will Nyoike sell Nyachae? Nation 13-05-2002