メインメニューを開く

民主連合(みんしゅれんごう)は、ポーランド民主化運動を推進してきた“独立自主管理労働組合「連帯」”(以下「連帯」)出身の政治家タデウシュ・マゾヴィエツキ(Tadeusz Mazowiecki)を支持するグループが中心となって結成された自由主義政党で、1990年12月2日に結成された。

ポーランドの政党
民主連合
Unia Demokratyczna(UD)
成立年月日 1990年12月2日
解散年月日 1994年4月23日
解散理由 自由民主会議(KLD)との合同
後継政党 自由同盟(UW)
政治的思想・立場 自由主義中道政治キリスト教民主主義
テンプレートを表示

結成翌年の1991年に行われた議会選挙では得票率12.32%、62議席を獲得して第一党となった。続く1993年議会選挙で「連帯」系政党が殆ど全滅した中でも得票率10.59%、74議席を獲得し、第3党の座を確保することが出来た。その後UDは1994年4月23日、より自由主義的傾向が強く元首相ヤン・クシシュトフ・ビェレツキ(Jan Krzysztof Bielecki)が中心の自由民主会議(KLD: Kongres Liberalno-Demokratyczny)と合同して自由連合(UW: Unia Wolności)を結成した。

参考文献編集