メインメニューを開く

民主革命党(みんしゅかくめいとう、Partido Revolucionario Democrático、略称:PRD)は、パナマで1979年に結成された民族的な左派政党である。当時パナマを支配していたオマル・トリホス将軍の与党として結成された。社会主義インターナショナルに加盟している。

パナマの旗 パナマ政党
民主革命党
Partido Revolucionario Democrático(PRD)
PRD panama Party.png
党旗
党首 フランシスコ・サンチェス・カルデナス
成立年月日 1979年3月15日
本部所在地 パナマの旗 パナマパナマ市
政治的思想・立場 社会民主主義
公式サイト www.prdpanama.org
国際組織 社会主義インターナショナル
ラテンアメリカ・カリブ政党常設会議
中央アメリカ議会中道民主派
テンプレートを表示

トリホス将軍はパナマ運河の返還やキューバとの関係強化など民族主義的・左翼的色彩の強い政策を行っており、民主革命党の政策も当初はそれに準ずるものであった。しかし、1981年にトリホス将軍が不可解な飛行機事故で死去して以降、後継者となったマヌエル・ノリエガ将軍がアメリカ合衆国保守派との妥協・取引を進めるとともに、民主革命党も急激に保守化していった。ところが1989年にはノリエガとアメリカ合衆国との対立が激化し、パナマ侵攻に至る。ノリエガ将軍は逮捕され、民主革命党も政権から排除される。

しかしその後、1994年にエルネスト・ペレス・バジャダレスが民主革命党から大統領に当選した。1999年の大統領選では政権を失うが、2004年の大統領選でオマル・トリホス将軍の子供であるマルティン・トリホスが民主革命党から立候補し、当時圧倒的な得票で当選した。ただし、オマル・トリホス将軍の時代と比べると、民主革命党の政策は穏健化している。

外部リンク編集